小林且雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小林 且雄(こばやし かつお、1961年2月28日 - )は、日本のレーシングドライバー長野県小諸市出身で血液型はB型。

経歴[編集]

免許取得後にラリーを始め、その後ダートトライアルに転向。

1989年1990年には日産・マーチスーパーターボで全日本ダートトライアル選手権のC2クラスチャンピオンを獲得する(特に89年は全戦全勝という快挙。1991年はダートラ休業)。

また、1990年にはレースにも参戦し始め同年富士フレッシュマンシリーズ・シルビアのチャンピオンを獲得する。

1991年1992年にはミラージュインターカップに参戦。1992年からダートラ復帰、新設された軽自動車によるAIクラスに参戦、2年連続シリーズ2位の成績を残す。1993年にはJSSスーパースポーツセダンレースに参戦。

1994年からはレースに完全転向し、1995年より全日本GT選手権に参戦している。

2003年2004年には、アメリカパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムにも参戦、4WD化された日産・フェアレディZを駆りかつて無敵のダートラチャンプと言われた走りを見せた。

レース戦績[編集]

全日本GT選手権/SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1995年 TEAM-JUN 日産・スカイラインGT-R GT1 SUZ
Ret
FSW
13
SEN
12
FSW
11
SUG
Ret
MIN
10
29位 1
1996年 GT500 SUZ
Ret
FSW
17
SEN
16
FSW
13
SUG
Ret
MIN
15
NC 0
1997年 CUSCO RACING スバル・インプレッサ GT300 SUZ FSW SEN FSW MIN SUG
Ret
NC 0
1998年 クスコレーシング GT300 SUZ
8
FSW
C
SEN
Ret
FSW
17
TRM
1
MIN
Ret
SUG
14
13位 23
1999年 CUSCO RACING GT300 SUZ
Ret
FSW
Ret
SUG
4
MIN
8
FSW
18
TAI
3
TRM
6
11位 31
2000年 GT300 TRM FSW
4
SUG
3
FSW
5
TAI
Ret
MIN
6
SUZ
Ret
9位 36
2001年 GT300 TAI
2
FSW
Ret
SUG
3
FSW
10
TRM
6
SUZ
Ret
MIN
Ret
8位 34
2002年 GT300 TAI
7
FSW
6
SUG
2
SEP
16
FSW
5
TRM
2
MIN
7
SUZ
Ret
8位 53
2003年 GT300 TAI
10
FSW
Ret
SUG
6
FSW
24
FSW
19
TRM
Ret
AUT
9
SUZ
Ret
21位 10
2004年 GT300 TAI
14
SUG
12
SEP
18
TOK
6
TRM
11
AUT
3
SUZ
11
11位 17
2005年 GT300 OKA
12
FSW
21
SEP
10
SUG
11
TRM
13
FSW
9
AUT
Ret
SUZ
13
18位 3
2006年 GT300 SUZ OKA FSW SEP SUG
Ret
SUZ TRM
7
AUT
9
FSW
11
27位 6
2007年 MARIO RACING WITH ISHIMATSU ポルシェ・911 GT3RSR GT300 SUZ
19
OKA
18
FSW
17
SEP SUG NC 0
CUSCO RACING スバル・インプレッサ SUZ
Ret
TRM AUT FSW

エピソード[編集]

  • ダートラ参戦時、ダートラ会場の実況アナウンサーから「日本一貧乏なチャンピオン」とアナウンスされた事がある。
  • 1991年ミラージュインターカップ初参戦時、富士スピードウェイでのレースで予選13番手だったが、どしゃ降りの決勝で2位以下を大きくぶっちぎる優勝を飾っている。
    • 本人曰く「(ダートラ会場の)丸和オートランド那須走っていたら、雨のFISCOなんて怖くもなんともないよ」との事。
  • 1992〜93年とスバル・ヴィヴィオでダートラAIクラスに参戦、AIIIクラス(主にトヨタ・スターレットが参戦)のトップタイムをも上回るタイムを叩き出していたが、ライバルである粟津原豊が更に上のタイムを出していた為、2位になる事が多かった。