小林公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 公(こばやし いさお、1945年10月14日[1] - )は、日本の法哲学者、立教大学名誉教授。神奈川県出身[1]

経歴[編集]

略歴は以下の通り[2]

  • 1968年 - 東京大学法学部卒業
  • 1968年 - 東京大学法学部助手
  • 1971年 - 立教大学法学部法学科専任講師
  • 1974年 - 立教大学法学部法学科助教授
  • 1982年 - 立教大学法学部法学科教授
  • 1988年 - 立教大学法学部国際・比較法学科教授
  • 1988年 - 立教大学法学部国際ビジネス法学科教授(改組による)
  • 2011年 - 立教大学定年退職

著書[編集]

  • 『合理的選択と契約』(弘文堂,1991年)
  • 『法哲学』(木鐸社,2009年)
  • 『ウィリアム・オッカム研究:政治思想と神学思想』(勁草書房, 2015年)

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.316
  2. ^ 小林公 J-GLOBAL