小林博美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小林 博美(こばやし ひろみ)
本名 同上
生誕 ????1月26日
日本の旗 日本山梨県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1980年 -
ジャンル レディースコミック
代表作 レッド
キャッチ!愛
公式サイト HIROMI’s ROOM 公式HP
テンプレートを表示

小林 博美(こばやし ひろみ、1月26日生まれ)は、日本漫画家山梨県出身。

概要[編集]

1980年小学館の女性誌『プチコミック』8月号にて「明日への季節」でデビュー。以降同誌や同社発行の女性誌にて2006年頃まで執筆活動をしていた。また、2002年頃より宙出版レディースコミック誌でオリジナル作品や海外の小説を元にしたコミカライズ作品などを発表しており、2011年現在も同社の女性誌を中心に執筆活動を行なっている。

代表作としては、エリカ・スピンドラー原作で原画を担当し1998年から約2年間『女性セブン』にて連載され、2001年10月から12月にかけてフジテレビ系列にて昼ドラとして放映された『レッド』(全64話)などがある。

作品リスト[編集]

※巻数表示のないものは単巻。

小学館発行分[編集]

  • お菓子ちゃうから 全2巻 ※1
  • キャッチ!愛 全10巻 ※1
  • 胸さわぎ天動説 全3巻 ※1
  • チャンネル・0 全3巻 ※1
  • 緋のエンブレム 全4巻 ※1
  • Call me…!
  • オニキスに口づけを ※1
  • 千の夜を紡いで ※1
  • レディー・A ※1
  • ビタミンMoeko ※1 新装版タイトルは『恋のおくすり』
  • 雪の夜に聴かせて
  • マルガリータをもう一杯
  • ニューヨークダスト ※1
  • 心(ハート)は天国の3歩前
  • キスの距離 ※1 新装版タイトルは『キスで殺して』
  • 風を聴くイヴ 全2巻
  • 花ごころ 全2巻
  • レッド (原作:エリカ・スピンドラー)全7巻 ※1
  • 遠い夏の日(原作:ジェニファー・ブレイク)
  • 愛を告げる蘭(原作:リンゼイ・マッケンナ)
  • 孤島の囚人(原作:スーザン・ウィッグス)
  • 危険な情熱
  • ウエディングへようこそ全3巻 ※掲載誌は講談社の『BE・LOVEパフェ
  • 月光のかけら ※掲載誌は講談社の『BE・LOVEパフェ』
  • 魔法の手-ハートフル・エステ-
  • パティシエール
※1 同社より新装版あり

宙出版発行分[編集]

  • 偽りの誘惑(原作:アマンダ・ブラウニング)
  • 鏡の中の迷宮(原作:エマ・ダーシー)
  • 華やかなアバンチュール(原作:アマンダ・ブラウニング)
  • 結婚ラプソディー(リンゼイ・スティーヴンス)
  • スルタンの薔薇(原作:アレキサンドラ・セラーズ)
  • 白雪姫の奇蹟(シャーロット・ラム)
  • 花嫁の値段(原作:ミシェル・リード)
  • 悲しい約束(原作:ダイアナ・パーマー
  • 禁断のシナリオ(原作:アマンダ・ブラウニング)
  • 復讐は甘美すぎて(原作:エマ・ダーシー)
  • 生まれ変わったプリンセス(原作:バーバラ・ハネイ)
  • ルージュの刻印(原作:アマンダ・ブラウニング)
  • 婚約ワルツ(原作:バーバラ・マクマーン)
  • ハートの秘密(原作:アイリーン・ウィルクス)
  • 愛し方がわからなくて(原作:アイリーン・ウィルクス)
  • 口づけは甘い罠(原作:アイリーン・ウィルクス)
  • 涙がかれるまで(原作:タラ・T・クイン)
  • 残酷な再会(原作:キャシー・ウィリアムズ)
  • 恋する白雪姫(原作:キャロル・バック)
  • 情熱をもう一度(原作:ノーラ・ロバーツ
  • 吐息の予感(原作:アン・ハンプソン)
  • 唇に千の嘘(原作:リズ・グレイディ)
  • 偽りの貴婦人(原作:バーバラ・カートランド
  • 砂漠に咲く恋(原作:シルヴィア・レンフロ)
  • 王様のキス(原作:バーバラ・カートランド)
  • 復讐は恋の媚薬(原作:アナ・マーラ)
  • 恋の予感は突然に(原作:マリー・フォース)
  • 恋の時計を戻して(原作:ブリー・トーマス)
  • 買い取られた伯爵(原作:ベティーナ・クラハン)
  • 億万長者はオークションがお好き(原作:キャスリン・ケント)
  • スキャンダルは恋のはじまり(原作:カーラ・エリオット)
  • 今宵、悪魔に身をゆだねて(原作:カーラ・エリオット)

ハーレクイン社発行分[編集]

  • 伝説の恋人(原作:リン・グレアム)
  • モンテカルロの愛人(原作:アビー・グリーン)
  • 憎しみの代償(原作:リン・グレアム)
  • 愛を禁じた理由(原作:アマンダ・ブラウニング)