小林大作のメモリーズ・オブ・ユー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小林大作のメモリーズ・オブ・ユー』(こばやしだいさくの- )は、朝日放送ラジオ[注釈 1](ABCラジオ)が毎週日曜日の午後に放送している音楽番組である。

概要[編集]

1980年10月、『安達治彦のメモリーズ・オブ・ユー』のタイトルで放送開始。その当時は安達治彦がパーソナリティを務めていたが、1992年10月に小林大作と交代。その際に、番組タイトルは一旦パーソナリティの名を冠さない『メモリーズ・オブ・ユー』に変更され、しばらくしてから[いつ?]現行のタイトルになった。

番組は「過ぎ去りし遠い日の思い出、若き日の感激が今あらたに甦る心の歌」というナレーションで始まり、懐かしのスタンダード・ナンバージャズ映画音楽、セミ・クラシックシャンソンラテン音楽といった大人向けのラインナップを放送する。

毎年3月には、レギュラーゲストのペギー葉山(歌手)、秋満義孝(ピアニスト)、スペシャルゲストを迎えて公開収録が行なわれる。なおペギーは2017年の公開収録出演から約1ヶ月後に急逝したことから、同年4月23日21時台に追悼特番を放送。

パーソナリティ[編集]

過去[編集]

放送時間[編集]

2016年現在では、基本的に毎週日曜17時00分から17時54分(日本標準時)に放送されている。

ただし、プロ野球シーズン中に直前枠の番組内で阪神戦デーゲーム実況中継(ABCフレッシュアップベースボール)が行われる場合、試合経過によっては番組開始が17時25分からの30分間に短縮されるか、放送自体が休止になる。18:00以降に開始となる場合も30分に短縮されるが、その場合は18:00スタートの『Cheers!』の放送開始も遅らせる。特に2012年までは、7月から9月までの間は阪神戦がデーゲームであっても別カードのナイターを放送するケースが多かったことから、その都合上休止することもあった(日曜ナイターは、2013年から阪神戦該当日以外には基本放送しないことになったため、薄暮を含むデーゲームであった場合にはその直後から必ず放送される)。

また、阪神戦が薄暮開催(15時以後18時以前試合開始)となる日には、阪神戦終了後から放送する場合(2010年9月5日などの例)と放送休止となる場合(2015年8月9日・8月16日、2018年7月1日の例)とがある。短縮版として放送する日にも、試合の進行状況によっては短縮か休止になる場合がある。

全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)の期間中についても、4試合が予め開催される場合には試合時間の都合で休止となるが、雨天中止ないしは試合が早く終了した場合など、その時間に高校野球の放送が行われないことが決まった場合にも、時間調整のために放送する場合がある。

スポンサー[編集]

番組開始から2001年3月までは東洋紡の一社提供で、東京・名古屋・福岡で放送されていた同社提供の『TOYOBOメモリーポップス』の事実上の企画ネット番組となっていたが、東洋紡は同番組の終了と同時期に本番組のスポンサーも降りた。

2001年4月からはヒガシマル醤油の一社提供で放送されている。

過去のネット局[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2018年3月25日放送分まで、認定放送持株会社移行前の旧・朝日放送

出典[編集]