小林幸雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小林 幸雄(こばやし ゆきお、1931年1月16日 - )は日本実業家。初代大鵬薬品工業代表取締役社長や、同社代表取締役会長、ニチバン代表取締役会長、大塚製薬代表取締役社長などを歴任した。第3代大鵬薬品工業代表取締役社長の小林将之は息子。

人物・経歴[編集]

明治薬科大学薬学部卒業後、1954年大塚製薬工場入社。1963年から39年間にわたり初代大鵬薬品工業代表取締役社長を務め、1969年にモスクワの研究所で5-フルオロウラシルを知り、抗がん剤開発を開始するなどした[1][2]。1989年からニチバン代表取締役会長を兼務[1]。1992年アルバータ州立大学名誉博士[3]。1994年黄綬褒章受章[3]。1995年ラトビア共和国グリンデックス賞受賞[3]。1999年大塚製薬代表取締役社長を兼務。2000年大塚製薬取締役相談役。2001年大鵬薬品工業代表取締役会長[4]。同勲四等旭日小綬章受章[5]。2002年大塚製薬取締役[1]。2008ニチバン取締役相談役大塚ホールディングス取締役[6]。2011年ニチバン名誉会長[7]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「大塚製薬株式会社、2005-03-31 期 有価証券報告書」
  2. ^ [1]つくばサイエンスアカデミー
  3. ^ a b c 「Corporate History」大鵬薬品工業
  4. ^ 大鵬薬品工業ミクスオンライン2001/09/27 23:00
  5. ^ 春の叙勲 大鵬薬品の小林幸雄社長に勲四等旭日小綬章 日刊薬業2001/5/1 00:00
  6. ^ 決算短信
  7. ^ 「人事、ニチバン 」日本経済新聞2011/5/13付
先代:
(新設)
大鵬薬品工業社長
初代:1963年 - 2001年
次代:
宇佐美通
先代:
大塚芳満
大塚製薬社長
第4代:1999年 - 2000年
次代:
樋口達夫