小林弘忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 弘忠(こばやし ひろただ、1937年3月26日[1] - 2017年7月[2])は、日本のノンフィクション作家

東京生まれ。1960年早稲田大学教育学部卒業、毎日新聞東京本社に入社。社会部、地方版編集長、情報調査部長、メディア編成本部長などを歴任する。1992年退社後、2002年まで立教大学武蔵野女子大学などで講師。ノンフィクションを中心とした執筆活動を続ける。2006年『逃亡―「油山事件」戦犯告白録』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

著書[編集]

  • 新聞記事ザッピング読解法 自由国民社 1993.12
  • マスコミ小論文作法 受験生・マスコミ志望者・社会人の文章読本 1995.4 (三一新書)
  • マスコミvs.オウム真理教 三一書房 1995.8
  • マスコミ記事/ビジネス実用文・書き方入門 「文章表現」講座 自由国民社 1996.3
  • 新聞報道と顔写真 写真のウソとマコト 1998.8 (中公新書)
  • 巣鴨プリズン 教誨師花山信勝と死刑戦犯の記録 1999.1 (中公新書) のち文庫
  • 浮世はままよ 岸田吟香ものがたり 東洋経済新報社 2000.9
  • 『金の船』ものがたり 童謡を広めた男たち 毎日新聞社 2002.3
  • ニュース記事にみる日本語の近代 日本エディタースクール出版部 2002.6
  • 急増する犯罪リスクと危機管理 2002.12 (講談社+α新書)
  • 大江戸「懐」事情 知れば知るほど 実業之日本社 2003.12
  • 江戸川柳で現代を読む 日本放送出版協会 2005.2 (生活人新書)
  • 私の戦後は終わらない 遺されたB級戦犯妻の記録 紀伊國屋書店 2005.7
  • 逃亡 「油山事件」戦犯告白録 毎日新聞社 2006.3 のち中公文庫
  • 太平洋戦争 知れば知るほど 実業之日本社 2006.7
  • 熟年介護日誌 病人が病人を看るということ 日本放送出版協会 2007.6
  • 歴代首相 知れば知るほど 実業之日本社 2008.2
  • 天に問う手紙 無実の戦犯救済に半生をささげた植木信吉 毎日新聞社 2008.7
  • 満州開拓団の真実 なぜ、悲劇が起きてしまったのか 七つ森書館 2017.8

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.450
  2. ^ 満州関連本:相次ぐ 「消えた国」の深層に光 毎日新聞 2017年9月28日

参考[編集]

  • 著書の紹介文