小林弘裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2020年9月9日、在ニュージーランドポーランド大使ズビグニェフ・ニャトコフスキポーランド語版英語版(最前列右)の離任式に参列した小林大使(左)

小林 弘裕(こばやし ひろやす、1955年4月27日 - )は日本外交官大使イラク戦争下での外務省サマーワ事務所長、ドバイ総領事長野県警察本部長、駐ボツワナ特命全権大使、駐イラン特命全権大使を経て、最後の公務として駐ニュージーランドクック諸島ニウエ特命全権大使を2018年から2020年にかけて務め上げた[1]

人物[編集]

東京都出身。1979年に一橋大学経済学部を卒業し、外務省入省。アラビア語研修を受けたアラビスト。紛争地を多く担当し、外務省中近東アフリカ局中近東第二課長、中東アフリカ局中東第一課長・第二課長等を歴任。2001年に起きたアメリカ同時多発テロ事件後のアフガニスタン紛争問題などに関わり、2002年1月に東京で行われたアフガニスタン復興支援国際会議も担当。

2004年から自衛隊イラク派遣で派遣されていた陸上自衛隊サマーワ宿営地内にあるサマーワ外務省連絡事務所長を務め、自衛隊と連携しイラク戦争下でムサンナー県へのインフラストラクチャー整備を中心とした人道復興支援にあたった[2]。宿営地に打ち込まれた迫撃砲ロケット砲などの調査も行った[3]。サマーワ事務所での部下に石川博崇公明党参議院議員)などがいた。

2018年8月10日、駐ニュージーランドクック諸島ニウエ特命全権大使を拝命した[1][4]。2020年12月18日、駐ニュージーランド兼クック諸島兼ニウエ特命全権大使を最後の公務として依願退職[5]

経歴[編集]

同期[編集]

( )は現在の役職

著作[編集]

  • 「湾岸諸国情勢とわが国の政策」中東研究. (通号 454) [1999.09]
  • 「日本の対イラン政策--わが国にとってのイランの位置づけ、今後のわが国の対イラン政策」国際資源. (通号 308) [2000.8]
  • 「わが国の対イラク政策」国際資源. (通号 309) [2000.9]
  • 「湾岸諸国情勢とわが国の政策 (講演録:第6回 わが国の中東政策を知るセミナー)」中東研究. (466) [2000.9]
  • 「わが国の対サウジ外交--サウジアラビア王国の現状と直面する問題,日・サ関係の現状とわが国の外交政策」国際資源. (通号 310) [2000.10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ニュージーランド大使に小林氏  :日本経済新聞
  2. ^ 小泉内閣メールマガジン第219号
  3. ^ 外務省各国・地域情勢「小林サマーワ事務所長インタビュー (ラジオJ-WAVE「JAM THE WORLD」)」
  4. ^ 「人事、外務省 」日本経済新聞(2018/12/14 18:19)
  5. ^ 人事 外務省 - 毎日新聞
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 略 歴 外務省
  7. ^ a b c d e f 「小林 弘裕」首相官邸