小林慶一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小林 慶一郎
生誕 1966年(52–53歳)
国籍 日本の旗 日本
研究機関 慶應義塾大学
研究分野 マクロ経済学、経済動学、金融
母校 東京大学学士修士
シカゴ大学Ph.D
受賞 日経・経済図書文化賞(2001年)
大佛次郎論壇賞奨励賞(2002年)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

小林 慶一郎(こばやし けいいちろう、1966年 - )は日本経済学者。専門はマクロ経済学、経済動学、金融論。慶應義塾大学教授。シカゴ大学大学院博士課程修了[1]。シカゴ大学での指導教官はロバート・ルーカス

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

著作とメディア[編集]

主な著作物[編集]

  • 『財政と民主主義 ポピュリズムは債務危機への道か』(共著、日本経済新聞出版社)
  • 「バランスシート不況のマクロ経済論」(所収:吉川洋+通商産業研究所編集委員会編『マクロ経済政策の課題と争点』東洋経済新報社)
  • 「問題先送りによる長期経済停滞」(深尾光洋、吉川洋編『ゼロ金利と日本経済』日本経済新聞社所収)
  • 『日本経済の罠 - なぜ日本は長期低迷を抜け出せないのか』(共著、日本経済新聞社)
  • 『バランスシート再建の経済学』(共編)東洋経済新報社
  • 『逃避の代償 ― 物価下落と経済危機の解明』日本経済新聞社
  • 『経済ニュースの読み方』朝日新聞社
  • The Division of Labor, the Extent of the Market, and Economic Growth (Ph.D. Dissertation, University of Chicago)

主なコラムと掲載[編集]

出演番組[編集]

受賞歴[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フェロー経歴 RIETI、2014年3月14日閲覧。
  2. ^ [1]一橋大学、2013年3月小黒一正准教授(財務省)、稲垣誠一教授(厚生労働省)、西沢和彦特任講師(日本総合研究所)とともに退任