小林晋一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 晋一郎(こばやし しんいちろう、1955年5月25日 - )は、日本歯科医師歯学者開業医神奈川歯科大学短期大学部客員教授、元神奈川歯科大学口腔外科(現・顎顔面外科学講座顎顔面外科学分野)講師。

本業ではないが、特撮ファンとしての執筆活動も行っており、「ゴジラシリーズ」と「ウルトラシリーズ」でそれぞれ1回ずつストーリー原案が採用されたことがある[1]北海道札幌市出身[2]

経歴[編集]

1980年に神奈川歯科大学歯学部卒業後、神奈川歯科大学口腔外科大学院に進学、1984年歯学博士号を修得(唾石症における唾液成分の病態生化学的研究 -特に石灰化抑制因子を中心にして-:甲第78号)[3]し、卒業後は、口腔外科助手、講師(1988年 - )を経て開業[2]。現在同講座(現・顎顔面外科学講座顎顔面外科学分野)非常勤講師及び神奈川歯科大学短期大学部客員教授を務める[2]

関わった特撮作品[編集]

テレビ[編集]

帰ってきたウルトラマン』第34話「許されざるいのち」(1971年)
当時高校生だった小林が、13本分の怪獣デザインとストーリー原案を円谷プロに送ったところ、そのうちの1本(題名は『狂った生命』)が採用された。この回に登場した怪獣「レオゴン」をデザインし、これは当時の新聞にも掲載された。
ミラーマン』第3話「消えた超特急」(1971年)
この回に登場した怪獣・ダークロンをデザイン。『帰ってきたウルトラマン』用にデザインしたガロア星人が元である。

映画[編集]

ゴジラvsビオランテ』(1989年)
ストーリー原案コンテストの公募作品5025本の中から選ばれた。また、本作以降のゴジラには歯科医である小林の意見が取り入れられ、歯が二重歯列となっている[4]
ゴジラvsスペースゴジラ』(1994年)
スペースゴジラの基本コンセプトである「結晶生物」のアイデアを、自身が描いたデザイン案と共に最初に提供した。タバコモザイクウイルスを基に、生物であり生物でない存在という発想でデザインされた[5]
ゴジラ2000 ミレニアム』(1999年)
エンディングテロップで「協力」として名前がある。

著作[編集]

主な著作・共著[1]

  • 『形態学的怪獣論』朝日ソノラマ、1993年
  • 共著『怪獣大戦争 怪獣小説集II』出版芸術社、1993年[6]
  • 共著『イザ! という時、この処方』クインテッセンス出版、1997年
  • 『秋の日のヴィオロンとゴジラ/歯界展望医歯薬出版、1998年 - 1999年連載
  • 『初心者のための智歯抜歯』クインテッセンス出版、1999年
  • バルタン星人はなぜ美しいか 形態学的怪獣論〈ウルトラ〉編』朝日ソノラマ、2003年
  • 共著『歯科臨床に役立つ炎症の話』クインテッセンス出版、2007年
  • 共著『平成ゴジラ クロニクル』キネマ旬報社、2009年
  • 共著『「ゴジラ」東宝特撮未発表資料アーカイヴ プロデューサー・田中友幸とその時代』角川書店、2010年[6]

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小林晋一郎「ウルトラの星、輝く時 (PDF) 」 、『神奈川歯科大学同窓会会報』第112号、2010年5月、 30頁、2011年2月18日閲覧。
  2. ^ a b c 商品の説明 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)”. Amazon.co.jp. 2011年2月18日閲覧。
  3. ^ 博士論文書誌データーベース”. 学術研究データベース・リポジトリ. 国立国会図書館国立情報学研究所. 2011年2月19日閲覧。
  4. ^ ミレニアムゴジラ形態学(小林晋一郎)”. 2014年3月20日閲覧。
  5. ^ 川北紘一(監修) 『平成ゴジラパーフェクション』 アスキー・メディアワークス〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2012年、79頁。ISBN 9784048861199。
  6. ^ a b 『ゴジラvsビオランテ』原案小説を掲載。

参考文献[編集]

  • 『エクサイクロベティア オブ ゴジラ ゴジラ大百科』 学研1990年