小林正水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 正水(こばやし まさみ、生没年不詳)は、日本フィギュアスケート選手(男子シングルペアスケーティング)。パートナーは下平澄子。1956年、1957年全日本フィギュアスケート選手権2連覇を果たした(アイスダンス)。東京都中央区月島出身。

経歴[編集]

1947年全日本ジュニア選手権に出場し優勝する。1949年全日本選手権に出場し、酒井克己に続き2位に入る。その後、1950年の全日本選手権では有坂隆祐塩田直重に続き3位、1952年の全日本選手権でもJ・ジョンストン、塩田に続いて3位に留まった[1]

1953年、全日本選手権で念願の初優勝を果たす。1954年国民体育大会に親の出身地である長野県代表として出場し、一般男子で優勝。同大会で長野県が優勝するのは初の快挙である[2]。同年の全日本選手権では大橋和夫西倉幸男に続いて3位に入り、この大会を最後に男子シングルからペアへ転向する。

1956年下平澄子とカップルを組み全日本選手権のペアで優勝する。同大会で男子シングルとペアの競技で優勝しているのは、小林と田村岳斗天野真の3人のみである。1957年、国民体育大会の一般男子で2度目の優勝を果たす。同年の全日本選手権ではペア競技史上初の2連覇を果たす[3]

主な戦績[編集]

男子シングル[編集]

大会/年 1947-48 1948-49 1949-50 1950-51 1951-52 1952-53 1953-54 1954-55 1955-56 1956-57
全日本選手権 2 3 3 1 3
全日本ジュニア選手権 1
国民体育大会 1 1

ペア[編集]

大会/年 1956-57 1957-58 1958-59
全日本選手権 1 1 2

受賞歴[編集]

  • 長野県スケート連盟特別栄光表彰(長野県スケート連盟、1982年[4]

著書[編集]

  • 『フィギュアスケートたより 創刊号(ガリ版)』(1965年

脚注[編集]

  1. ^ 日本スケート連盟 フィギュア歴代記録 男子シングル
  2. ^ 国民体育大会結果
  3. ^ 日本スケート連盟 フィギュア記録 ペア Archived 2014年2月19日, at the Wayback Machine.
  4. ^ 長野県スケート連盟功績表彰者