小林淳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林淳一
Jyunichi-Kobayashi20101127.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県
生年月日 (1973-03-12) 1973年3月12日(44歳)
身長 164cm
体重 50kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 美浦・佐藤林次郎(1992 - 1997)
美浦・フリー(1997 - 2012)
初免許年 1992年
免許区分 平地・障害
騎手引退日 2012年3月31日
重賞勝利 3勝
通算勝利 7842戦299勝
テンプレートを表示

小林 淳一(こばやし じゅんいち、1973年3月12日 - )は、JRAの元騎手。引退後競馬学校の教官に転身した。栃木県出身。愛称はコバジュン。

来歴[編集]

中学1年の時に宇都宮にある育成牧場で乗馬を始め、競馬学校に2度目の受験で合格した[1]。1992年3月競馬学校第8期生、美浦・佐藤林次郎厩舎所属の騎手としてデビュー。同期には上村洋行後藤浩輝らがいる。

デビュー初年度に20勝をマーク、これ以降概ね10勝から20勝台を維持、1997年には福島リーディング上位に食い込むなど頭角を現し始める、これと前後する時期に所属していた佐藤厩舎を離れフリー騎手へと転身。

このあとトウカイポイント・イングランディーレをはじめホットシークレットなどの実績馬への騎乗も集まるようになり、2001年にはフローラステークスにて重賞初勝利を記録する。

しかし2003年ごろより勝利数・騎乗数が緩やかに下降、2008年には12年ぶりに勝利数が2桁を割り込みなど以降は勝利数1桁台と低迷が続き、2011年わずか3勝という結果に終わる。

数年前にJRAより競馬学校教官への転身を打診されるも「もうしばらく騎手で頑張りたい」と一度は誘いを辞退した小林であったが、この年に再度オファーを受けたことや自己ワーストとなる3勝という成績に納得ができないことから引退を決意[2]。ラストレースでは出遅れて最下位10着に終わり、通算7842戦299勝で引退。「最後に“ケツ”というのも僕らしい。あと1勝して300勝を達成したかったな」とコメントした[3]

2012年3月をもって現役を引退し、JRA競馬学校の教官へと転身した[4]。2016年に息子が競馬学校に35期生として入学した[5][6]

特徴[編集]

人気馬に騎乗する機会が少ない。しかし実力を発揮するので荒れるレースがある。2005年10月22日の東京競馬第12レースにおいて出走16頭中最低人気のゼンノエキスプレスで勝利し、3連単1846万9120円という当時のJRA史上最高配当が飛び出す大波乱の中心となった。 また、2007年5月6日のNHKマイルカップでは出走18頭中最低人気のムラマサノヨートーで3着入線し、17番人気で勝利したピンクカメオとともに当時のJRA重賞最高配当となる3連単973万9870円の波乱劇を演出するなど、記録的高配当となったレースで馬券対象に名を連ねている。

おもな騎乗馬[編集]

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1992年3月1日 2回中山2日2R 4歳未勝利 ブランドアップ 11頭 9 4着
初勝利 1992年3月21日 2回中山7日8R 5歳上500万下 メジロフェンディー 16頭 4 1着
重賞初騎乗 1992年10月25日 2回福島8日11R カブトヤマ記念 アサクサハポネス 15頭 14 6着
重賞初勝利 2001年4月22日 2回東京2日11R フローラS オイワケヒカリ 16頭 5 1着
GI初騎乗 2000年5月21日 3回東京2日11R 優駿牝馬 バイラリーナ 18頭 8 11着
年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
1992年 20 13 20 271 .074 .122 .196
1993年 25 18 30 405 .062 .106 .180
1994年 9 16 17 226 .040 .111 .186
1995年 17 10 16 257 .066 .105 .167
1996年 8 10 13 298 .027 .060 .104
1997年 14 21 22 340 .041 .103 .168
1998年 12 17 18 330 .036 .088 .142
1999年 29 33 27 509 .057 .122 .175
2000年 23 33 44 528 .044 .106 .189
2001年 22 28 32 546 .040 .092 .150
2002年 23 23 30 527 .044 .087 .144
2003年 20 32 21 496 .040 .105 .147
2004年 16 28 33 487 .033 .090 .158
2005年 18 16 31 467 .039 .073 .139
2006年 10 19 12 413 .024 .070 .099
2007年 12 12 23 455 .026 .053 .103
2008年 4 3 9 312 .013 .022 .051
2009年 4 8 10 228 .018 .053 .096
2010年 7 13 12 371 .019 .054 .086
2011年 3 6 8 308 .010 .029 .055
2012年 3 2 2 68 .044 .074 .103
中央 299 361 430 7842 .038 .084 .139
地方 6 13 10 153 .039 .124 .190
  • 100勝 - 1998年10月18日福島5R[7]
  • 200勝 - 2002年11月10日中山10R

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]