小林秀雄 (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小林 秀雄
生誕 (1931-02-12) 1931年2月12日
出身地 日本の旗 日本・東京府
死没 (2017-07-25) 2017年7月25日(86歳没)
学歴 東京音楽学校師範科作曲専攻卒業

小林 秀雄(こばやし ひでお、1931年2月12日[1] - 2017年7月25日[2])は、東京府生まれの作曲家

人物[編集]

出生地は下北沢であるが、父親の転勤に伴い幼少期を愛知県犬山市、次いで三重県伊勢市で過ごす[3]。中学卒業後、東京音楽学校を経て東京藝術大学師範科作曲専攻を卒業[4]長谷川良夫に師事[3]1966年中田喜直らと「波の会」(現・日本歌曲振興波の会)を創設し[5]、会長を務める。愛知県立芸術大学教授などを歴任。

声楽作品(歌曲合唱曲)及びピアノ曲を主に手がけ、特に歌曲「落葉松」(詩:野上彰、のちに作曲者自身の手で混声合唱・女声合唱・男声合唱に編曲される)が有名である。

このほか、ショパンリストのピアノ作品の校訂を手掛けた。

2017年7月25日、誤嚥性肺炎のため死去。86歳没。

主な作品[編集]

オペラ[編集]

  • 紫のドレス
  • 女神と二人の神の物語

器楽曲[編集]

  • 器楽合奏のための「わらべ歌集」
  • フルートのための試み
  • 落葉松(ピアノ)
  • 飛騨高原の早春(ピアノ)
  • ピアノのための3つの断章
  • 調和の美(Beauty in Harmonious Movements)<行進曲> 第6回国際女子体育会議記念レコード(S.44)

歌曲[編集]

  • シベリアン・アラベスク
  • 胡蝶花に寄せて
  • はだか木のうた
  • 「風に寄せて」その一
  • 風の少女
  • 壷すみれ
  • 日記帳
  • 飛騨高原の早春
  • 氷原の宝石
  • 夏の日のレクイエム
  • 演奏会用アリア「すてきな春に」
  • 鸚鵡伝説
  • 啄木鳥
  • 落葉松
  • 五つの華の歌
  • 愛の塔
  • 山辺の花に寄せて
  • あのころ
  • さよならのはじまり

合唱曲[編集]

  • 混声合唱組曲「壺」
  • 混声合唱組曲「優しき歌」
  • 混声合唱組曲「夢」
  • 演奏会用女声(混声)合唱曲「九州民謡によるコンポジション」
  • 児童合唱のための組曲「富士山」
  • 合唱団のための演奏会用練習曲集「合唱のための試み」
  • 児童合唱のための組曲「火のくにのうた」
  • 子供のための合唱曲集「空にむかって」
  • 児童合唱とピアノのための組曲「海と山と仲間たち」
  • 少年少女(女声)合唱のための組曲「日本海讃歌」
  • 混声合唱組曲「伊勢志摩」
  • 女声(混声)合唱曲集「落葉松」
    表題曲のみ、男声合唱版も存在する。
  • 混声合唱曲集「前奏曲」
  • 女声合唱とピアノのための組曲「鎌倉の四季」
  • 女声合唱とピアノのための組曲「四季の旅路」
  • 児童合唱とピアノのための組曲「白馬の海」
  • 女声合唱とピアノのための組曲「幻の木」
  • 混声合唱とピアノのための組曲「光と風と波と」
  • 混声合唱とピアノのための組曲「海と愛と花と」
  • 女声合唱組曲「四つの心象」
  • 女声合唱とピアノのための組曲「夢二幻想」
  • 女声(混声)合唱とピアノのための組曲「夏 四章」
  • 児童合唱とピアノのための組曲「青い地球と子どもたち」
  • 女声(混声)合唱とピアノのための組曲「こころの風土記」
  • 混声合唱とピアノのための曲集「光への憧憬」
  • 混声合唱とピアノのための曲集「樫の木の歌」
  • 女声合唱とピアノのための組曲「四季の山頭火」
  • 女声合唱とピアノのための組曲 金子みすゞの詩による「水と影」
  • ソプラノ独唱・女声合唱とピアノのための組曲「折紙」
  • 混声合唱とピアノのための組曲「のちのおもひに」
  • 演奏会用女声合唱曲「三つの沖縄の歌」
  • 女声合唱とピアノのための組曲「晩夏の光」
  • 混声合唱とピアノのための「二つの詩によるバラード」
  • 白い雲(第30回NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲)
  • 歌がうまれる(第45回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲)
  • 千年の樹(第57回NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲)

童謡[編集]

  • あくび
  • まっかな秋 - 童謡。作詞は薩摩忠

校歌[編集]

著作[編集]

  • 合奏編曲法――器楽編曲の原理と実際(音楽之友社)
  • ピアノであそぼう(国土社)
  • 3回よめば作曲できる――コバ先生の作曲教室(芸術現代社)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.508
  2. ^ “作曲家の小林秀雄さん死去 声楽曲「落葉松」”. 朝日新聞. (2017年8月4日). http://www.asahi.com/articles/ASK84428JK84UTFL00F.html 2017年8月4日閲覧。 
  3. ^ a b 『ハーモニー』120号、p.16~17
  4. ^ 東京音楽学校は現在の東京芸大の前身であるが、小林の在校中に学制改革があり、小林は東京音楽学校卒業後に改めて東京芸大に入り直している。
  5. ^ 日本歌曲振興波の会概要

参考文献[編集]

  • 「新・日本の作曲家シリーズ 11 小林秀雄」『ハーモニー』No.120(全日本合唱連盟、2002年)