小林綾子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
こばやし あやこ
小林 綾子
生年月日 (1972-08-11) 1972年8月11日(48歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 158cm[1]
血液型 A
職業 女優
活動期間 1979年 -
事務所 東映マネージメント
公式サイト

東映マネージメント 小林 綾子

小林 綾子 オフィシャルブログ
主な作品
テレビドラマ
おしん
いのち
剣客商売』シリーズ
渡る世間は鬼ばかり』(第4シリーズ)
なつぞら
テンプレートを表示

小林 綾子(こばやし あやこ、1972年8月11日 - )は、日本女優

東京都出身。東映マネージメント所属。以前は東映児童演技研修所→東映アカデミータレント部に所属していた。

来歴・人物[編集]

  • 幼少期よりテレビドラマやCMを中心にタレント活動を始める。
  • NHKが児童劇団を通じて募集した約500人の応募者から選ばれ、1983年NHK朝の連続テレビ小説おしん』の主人公の少女時代を熱演し、一躍、その名を馳せることになる。後年、『おしん』は海外80ヶ国以上で放映された。
  • 東京都立大泉高等学校卒業後、立命館大学文学部英文科に入学した。大学時代は、オクラホマ大学での海外語学研修に参加。
  • 特技:クラシックバレエ、ソシアルダンス、ピアノ、日舞、ウクレレ、英会話、茶道(表千家講師)
  • 趣味:旅行、登山、読書、映画鑑賞
  • 1999年に4歳年上の大手建設会社勤務の建築デザイナーと結婚したが、2010年に離婚した[2]。元夫との間に子供はいない。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ドラマ以外のテレビ番組[編集]

他多数

映画[編集]

舞台[編集]

  • 芸術座 「流水橋」(1992年)
  • 明治座 「雁」(1993年)
  • 中座 「わが歌ブギウギ」(1994年)
  • 明治座 「樋口一葉」(1997年)
  • 新歌舞伎座 「五弁の椿」(1997年)
  • 帝国劇場 「風の盆恋歌」(1998年)
  • 芸術座 「雪国」(2000年)
  • 博多座 「出雲の阿国」(2000年)
  • 明治座 「旗本退屈男」(2001年)
  • 中日劇場 「信長」(2003年)
  • 梅田コマ劇場 「剣客商売」(2003年)
  • 三越劇場100周年記念公演 「雪の花道」(2004年)
  • 松竹座 「剣客商売Part3」(2006年)
  • 明治座 「忠臣蔵」〜いのち燃ゆるとき〜(2007年)
  • 御園座 「エドの舞踏会」(2007年)
  • ル テアトル銀座 「カラミティ・ジェーン」(2008年)
  • 新橋演舞場 「おしん」主演舞台(2008年)
  • なんば新歌舞伎座最終公演 「拝領妻始末」(2009年)
  • 御園座 「おしん」 主演舞台(2009年)
  • 明治座 「天璋院篤姫」(2010年)
  • 銀河劇場 「華々しき一族」(2010年)
  • 明治座 「小林幸子特別公演」〜旅館華村若女将〜(2011年)
  • 明治座 「かたき同志」(2013年・2015年)

CM[編集]

ラジオ[編集]

アニメ[編集]

吹き替え[編集]

[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 小林 綾子”. 2015年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月6日閲覧。
  2. ^ 「おしん」小林綾子が離婚していた”. 日刊スポーツ. 2016年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月6日閲覧。
  3. ^ “2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」キャスト発表!”. NHKドラマトピックス (日本放送協会). (2018年4月26日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/296281.html 2018年4月26日閲覧。 
  4. ^ こころの王国 童謡詩人 金子みすゞの世界”. テレビドラマデータベース. 2021年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月31日閲覧。
  5. ^ “芸歴54年の前川清、純烈主演映画「純烈ジャー」で特撮初出演…スーパー銭湯店長役を怪演”. スポーツ報知 (株式会社報知新聞社). (2021年6月6日). https://hochi.news/articles/20210605-OHT1T51244.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter 2021年6月12日閲覧。