小林貞一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小林 貞一
生誕 (1901-08-31) 1901年8月31日
大阪府
死没 (1996-01-13) 1996年1月13日(94歳没)
研究分野 地史学古生物学
研究機関 東京大学
主な受賞歴 日本学士院賞(1951年)
藤原賞(1969年)
プロジェクト:人物伝

小林 貞一(こばやし ていいち、1901年8月31日 - 1996年1月13日[1])は、日本地球科学者。専門は地史学古生物学理学博士東京大学教授。

1936年、東京大学理学博士[2]。論文は「On the phylogeny of the primitive nautiloids, with descriptions of Plectronoceras liaotungense, new species and iddingsia (?) shantungensis, new species(原始鸚鵡の系統に就て、並にプレクトロノセラス・リアウタングエンセ(新種)イデイングシア(?)シヤントウングエンシス(新種)の記載) 」。

1944年に東京帝国大学教授に就任[3]。1951年、「佐川造山輪廻とその日本群島の起源に対する意義」で日本学士院賞受賞、1970年 - 1996年、日本学士院会員[3]

編著書[編集]

  • 『日本群島地質構造論 上巻』 目黒書店、1948。
  • 『日本群島地質構造論 中巻 前篇』 目黒書店、1948。
  • 加藤武夫共編『地学図集 - 教授用』 目黒書店、1948。
  • 日高孝次他『地学概論 上・下巻』 朝倉書店、1949。
  • 『自然科学概論1 物理の科学 上巻』 朝倉書店、1950。
  • 『日本地方地質誌6 中国地方』 朝倉書店、1950。
  • 『日本地方地質誌7 四国地方』 朝倉書店、1950。
  • 『日本地方地質誌9 総論 - 日本の起源と佐川輪廻』 朝倉書店、1951。
  • 共著『地史學 上巻』 朝倉書店、1952。
  • 共著『地史學 下巻』 朝倉書店、1953。
  • 『東亜地質 上巻』 朝倉書店、1956。
  • 『古生物学』 朝倉書店、1957。
  • 鹿間時夫共編 『日本古生物学の回想』 日本古生物学会、1970。NCID BN02620001NDLJP:9668900
  • 浅野清共編『古生物学 1 新版』 朝倉書店、1973。
  • 松本達郎共編『古生物学 2 新版』 朝倉書店、1974。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 花井 1996, p. 535.
  2. ^ 佐藤ほか 2018, p. N5.
  3. ^ a b 佐藤ほか 2018, p. N6.

参考文献[編集]

  • 花井哲郎「小林貞一先生のご逝去を悼む」『地学雑誌』第105巻第4号、1996年、 535頁。
  • 佐藤正・山田俊弘・矢島道子「地質学者小林貞一(1901-1996)の生涯と仕事を振り返って―その1 生涯―」『地学雑誌』第127巻第1号、2018年、 N1-N7。