小林香 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小林 香
こばやし かおる
生年月日 (1959-03-24) 1959年3月24日(60歳)
出生地 福島県伊達市
出身校 中央大学法学部法律学科
サセックス大学大学院国際関係論修士課程修了
所属政党 無所属
称号 サセックス大学修士
公式サイト 小林かおる連合後援会

当選回数 1回
在任期間 2013年12月8日 - 2017年12月7日
テンプレートを表示

小林 香(こばやし かおる、1959年3月24日[1] - )は、日本政治家、元環境官僚、元税関職員。元福島県福島市(1期)。

来歴[編集]

福島県伊達市出身[2]福島県立福島高等学校中央大学法学部法律学科卒業[3]1988年(昭和63年)大蔵省に入省。関税局輸出課に配属される。1995年(平成7年)サセックス大学大学院修士課程修了(国際関係論)、1997年(平成9年)名古屋税関清水税関支署焼津出張所長、1999年(平成11年)大蔵省国際金融局開発政策課課長補佐、2002年(平成14年)、環境省に出向、地球環境局環境保全対策課環境協力室室長補佐に就任。2003年(平成15年)、環境省総合環境政策局環境計画課課長補佐、2007年(平成19年)環境省地球環境局総務課課長補佐兼同課G8環境大臣会合等準備室室長代理、2008年(平成20年)環境省地球環境局環境保全対策課環境協力室長、2009年(平成21年)環境省東北地方環境事務所長、2011年(平成23年)、独立行政法人環境再生保全機構の石綿健康被害救済部部長に就任。2013年(平成25年)環境省大臣官房付、同年7月環境省を退職[2][4]

2013年(平成25年)11月17日に行われた福島市長選挙に無所属で出馬。現職の瀬戸孝則(無所属、自民党公明党社民党推薦)、新人の山田裕(日本共産党)ら2候補を破り、初当選。同年12月8日に就任した。

※当日有権者数:231,791人 最終投票率:49.10%(前回比:+10.92ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
小林香54無所属72,441票64.16%
瀬戸孝則66無所属32,851票29.09%推薦:自民、公明、社民
山田裕58日本共産党7,620票6.75%

出典:[5][6]

2017年(平成29年)11月19日に行われた福島市長選挙で再選を目指すも、前復興庁福島復興局長の元総務官僚木幡浩(無所属)に1万票以上の差をつけられて敗れた[7][8]

※当日有権者数:236,823人 最終投票率:47.92%(前回比:-1.18ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
木幡浩57無所属45,372票40.31%
小林香58無所属34,503票30.65%
桜田葉子60無所属30,834票27.39%
法井太閤72無所属1,858票1.65%

出典:[9]

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.599
  2. ^ a b “福島市長に小林氏初当選=現職ら2氏破る”. 時事通信社. (2013年11月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013111700180 2013年11月19日閲覧。 
  3. ^ a b プロフィール小林かおる オフィシャルサイト
  4. ^ 「小林 香 こばやし かおる プロフィール」小林 かおるオフィシャルサイト
  5. ^ “選挙:福島市長選 新人が圧勝 「現職には入れぬ」 市民ら変革求め、驚異のダブルスコア”. 毎日新聞. (2013年11月18日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20131118ddm041010141000c.html 2013年11月19日閲覧。 
  6. ^ ザ選挙 - 福島市長選挙(2013/11/17投票)結果
  7. ^ 「福島市長に元復興局長の木幡浩氏初当選 現職・小林香氏ら破る」産経ニュース2017.11.19
  8. ^ 「福島市長に木幡氏 現職ら破り初当選」福島民報2017/11/20
  9. ^ 福島市 - 第19回福島市長選挙の結果について
  10. ^ 「古関裕而さん夫妻主人公朝ドラ 署名15万8470件に NHKに提出」福島民報2017/10/18
先代:
瀬戸孝則
Flag of Fukushima, Fukushima.svg 福島市長
第12代:2013年 - 2017年
次代:
木幡浩