小林タカ鹿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
こばやし たかしか
小林 タカ鹿
本名 小林 隆志
別名義 小林 高鹿
生年月日 (1975-10-23) 1975年10月23日(45歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
血液型 O型
職業 俳優
活動期間 1997年 -
活動内容

1997年よりナイロン100℃に参加し、すべての作品に出演。
2000年同劇団を退団。

2001年より劇団ペンギンプルペイルパイルズに参加。
事務所 クリオネALBA
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

小林 タカ鹿[1](こばやし たかしか、旧芸名:小林 高鹿1975年10月23日 - )は、日本俳優。本名、小林 隆志(こばやし たかし)。東京都出身。学習院大学中退。クリオネを経て、現在はALBAに所属。劇団ペンギンプルペイルパイルズの劇団員。元ナイロン100℃の劇団員。 身長176cm、体重71kg、血液型O型[要出典]


人物・来歴[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

ラジオ[編集]

  • 青春アドベンチャー ザ・ワンダーボーイ(2002年5月13日 - 5月31日、NHK-FM
  • 青春アドベンチャー スウィート・アンダーグラウンド(2002年7月29日 - 8月9日、NHK-FM)
  • FMシアター 遠い隣人(2003年3月15日、NHK-FM)
  • FMシアター さびしぼっち(2003年4月26日、NHK-FM)
  • NISSAN あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE(2006年4月2日 - 、TOKYO FM) - 安部礼司 役
  • FMシアター さよならバースディ(2006年4月29日、NHK-FM)
  • X'MAS DRAMA SPECIAL DEAR MY FRIENDS 第1話(J-WAVE

映画[編集]

舞台[編集]

  • 2002年
    • タワーリング・ライフ (東京・紀伊國屋サザンシアター)
    • 新版・四谷怪談 左眼の恋 (9月、大阪・HEP HALL他)
  • 2003年
    • ヴィレッヂプロデュース「1989」(東京・青山円形劇場)
  • 2004年
    • 「ナイル殺人事件」(東京・ル・テアトル銀座)
    • 阿佐ヶ谷スパイダースPREMIUM「真昼のビッチ」 (東京・シアターアプル 他)
    • AGAPE STORE しかたがない穴
  • 2005年
    • SHAKESPEARE’S R&J (2/1〜20 東京・パルコ劇場 他)
    • 写楽考(8/30〜9/10 東京・シアター1010)
  • 2006年
    • 音楽座ミュージカル リトルプリンス (11/9〜19 東京・東京芸術劇場中ホール 他)
  • 2007年
    • セレブの資格 (3/19〜4/1 東京・ル・テアトル銀座 他)
  • 2008年
    • 空中ブランコ (4/20〜5/5 東京・東京芸術劇場中ホール 他)
    • サド侯爵夫人 (10/71〜26 東京・東京グローブ座 他)
  • 2009年
    • ネジと紙幣 (9月17日~27日、東京・天王洲銀河劇場 他)
  • 2010年
    • M&Oplays+PPPPプロデュース「窓」(9/16〜26 東京・本多劇場 他)
    • *pnish* vol.12「ウエスタンモード」(10/20〜24 銀河劇場 他)
    • 雨男たちのクリスマス(12/23 アトリエフォンテーヌ)
  • 2014年
    • 現代能楽集Ⅶ 花子について (2014年2月5日〜16日、東京・シアタートラム)
    • ママと僕たち 〜おべんきょイヤイヤBABYS〜 (5/2〜11 東京・ Aiia thbater Tokyo)
  • 2015年
    • ママと僕たち 〜もっかい!いち!に!〜 (2015年2月21日〜3月1日、東京・ Aiia Theater Tokyo)
    • M&Oplaysプロデュース『虹とマーブル』(2015年8月22日〜9月6日、東京・世田谷パブリックシアター 他)
  • 2017年
    • The Dark(3/3〜12 東京・吉祥寺シアター)
    • 妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」(5/7〜6/4 シアターコクーン 他)
    • 朗読音楽劇「さくらまつ」(2017年10月20日〜22日、東京・black A)
  • 2018年
    • gutenberg!(7/23、26 カメオ出演 新宿村LIVE)
    • ミュージカル『深夜食堂』(2018年10月26日〜11月11日、東京・シアターサンモール)
  • 2019年
    • ミュージカル いつか〜one fine day〜 (2019年4月11日〜21日、東京・シアタートラム)
  • 2021年
    • スタンディングオベーション(2021年8月3日〜29日︰東京・TBS赤坂ACTシアター、9月4日〜7日日︰京都劇場)


劇団ペンギンプルペイルパイルズ
  • cover
  • ベルが鳴る前に
  • 謝罪の罪
  • cover
  • 審判員は来なかった
  • ゆらめき
  • ワンマンショー
  • 道子の調査
  • 不満足な旅
  • ドリルの上の兄弟
  • Work in the Time machine
  • 2mの魚
Deaf Deer Digs Deeper
  • 大感謝祭
  • #7 2人芝居
  • #6 落語会
  • #5 リアと最後の記憶
  • #4 授業
  • #3 生誕祭
  • #2 真夏の因数分解
  • #1 一人芝居
クリオネプロデュース
  • パリアッチ
  • SLEEPLESS
ナイロン100℃
  • 黒い十人の女
  • ハルディン・ホテル
  • 絶望居士のためのコント
  • ナイス・エイジ
  • ザ・ガンビーズ・ショウ
  • 吉田神経クリニックの場合
  • Φ(ファイ)
  • 偶然の悪夢
  • ロンドン→パリ→東京
  • 薔薇と大砲〜フリドニア日記#2〜
  • テイク・ザ・マネー・アンド・ラン
  • テクノ・ベイビー〜アルジャーノン第二の冒険〜
WANTED

2015年より毎年各地で公演を行なっている[2]。公演タイトルは「WANTED Japan Tour 20xx(公演年)」と銘打たれ、その後に毎年異なるサブタイトルがつけられる。

  • 瞳をとじて耳とじて(2015年5月東京、10月〜11月熊本、新潟、岩手、福岡、大阪全7公演。イメージカラー:レッド)
  • 巨乳祭り(2016年5月〜11月、東京、岡山、岩手、青森、熊本、新潟全9公演。イメージカラー:ブルー)
  • 生は生でも生搾り(2017年6月〜9月、岡山、山形、岩手、高知、熊本、新潟全8公演、イメージカラー:グリーン)
  • 俺たち、いい匂いするって知ってた?(2018年6月〜11月、岡山、岩手、山形、熊本、長野、新潟全6公演。イメージカラー:オレンジ)
  • 助けてもらったレイワ必ず返す‼︎(2019年7月〜11月、岡山、山形、熊本、新潟、岩手、長野、大分全7公演。イメージカラー:ピンク)

脚注[編集]

  1. ^ 小林タカ鹿 - Twitter 2015年11月13日
  2. ^ 2020年COVID-19の影響により公演が行われなかった。

関連項目[編集]