小枩山貞造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小枩山 貞造(こまつやま ていぞう、本名:竹田 貞造(たけだ ていぞう) 1913年3月11日 - 1972年4月27日)は、石川県能美郡(現能美市)出身の元大相撲力士。所属は井筒部屋)。ただし、1944年に井筒親方が亡くなった後、双葉山相撲道場預かりになっていた。最高位は前頭3枚目(1941年5月場所)。現役時代の体格は170cm、101.5kg。得意手は右四つ、出し投げ、小股掬い。引退後は再興された井筒部屋所属の年寄甲山として後進の指導にあたった。

目次

略歴

主な成績

四股名変遷

  • 竹林 貞造(たけばやし ていぞう)1930年5月場所 - 1933年5月場所
  • 小枩山 貞三(こまつやま -)1934年1月場所 - 1936年1月場所
  • 小枩山 貞造(- ていぞう)1936年5月場所 - 1945年11月場所

年寄

  • 甲山 1945年11月 - 1972年4月

関連項目

今日は何の日(7月20日

もっと見る