小栗宏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小栗宏夫(おぐり ひろお、1941年(昭和16年)8月24日 - )は、日本の銀行家。肥後銀行顧問。

人物 ・来歴[編集]

父が南満州鉄道に勤務していたため、満州国奉天市で生まれる。終戦により引揚者として帰国。その後父が国鉄に入社したこともあり、転勤のため日本各地を転居して暮らした[1]

東大法学部卒業後[2]、当時預金残高日本一であった富士銀行に入行した[3][4]

同行時代においては、各店支店長を務め営業の第一線を歩んだほか、審査部門を長らく担当した[5]

1998年(平成10年)、当時の稲垣精一頭取が富士銀出身だったことや、山本惠朗富士銀頭取の勧めもあり、肥後銀行に入行[3]2001年(平成13年)、頭取に就任した。

2013年(平成25年)には、会長を経て顧問退いた[6]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トップの素顔 [リンク切れ]
  2. ^ 熊本のトップ群像 肥後銀行 小栗 宏夫 - くまもと経済
  3. ^ a b 「地域とともに(第65回)肥後銀行 小栗宏夫頭取に聞く お客様との接点強化へ 風土改革と構造改革に取り組む」 『金融ジャーナル』 2007年1月号
  4. ^ 会員家庭訪問 No4 - 熊本経済同友会会報
  5. ^ 日本経済新聞 1998年4月2日
  6. ^ 人事、肥後銀行 『日本経済新聞』 2013年5月10日
ビジネス
先代:
稲垣精一
肥後銀行頭取
2001年 - 2009年
次代:
甲斐隆博