小桜ほのか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

小桜 ほのか(こざくら ほのか、5月6日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役。

東京都豊島区[1]日本女子大学附属高等学校出身[1]。身長162cm[1]。血液型O型[2]。愛称は「ほのか」、「あいこ」、「のんちゃん」[1]

来歴[編集]

2011年、宝塚音楽学校入学。

2013年、宝塚歌劇団に99期生として入団。雪組公演「ベルサイユのばら」で初舞台[1]

2014年、組まわりを経て星組に配属。

2016年、北翔海莉妃海風トップコンビ退団公演となる「桜華に舞え」で、新人公演初ヒロイン[3]

2020年、「シラノ・ド・ベルジュラック」(ドラマシティ公演)で、専科スター・轟悠の相手役を務め、ヒロイン[4][5]。当初は東上公演として上演が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止による公演延期を経て、ドラマシティのみでの振替公演となった[6]

人物[編集]

宝塚初観劇は2006年花組公演「ファントム[2]。キラキラしたオペラ座の世界と美しい音楽、ヒロインのクリスティーヌに憧れ、娘役を目指すようになる[2]

学生時代は囲碁部に所属していた[2]。祖父の家にあった碁盤碁石に憧れて入部し、学校の行き帰りの電車の中でも定石の本を読むなど、囲碁の世界に熱中していた[2]

憧れの上級生は桜乃彩音と妃海風[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

星組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2014年10月、『演劇人祭 特別篇』(外部出演)
  • 2015年11月、第6回『マグノリアコンサート・ドゥ・タカラヅカ』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』(コーラス)
  • 2016年7月、『宝塚巴里祭2016』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、114頁。ISBN 978-4-86649-158-5。
  2. ^ a b c d e f 『To The Future/宝塚GRAPH 2017年2月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、122頁。
  3. ^ a b 星組天華えま「放心状態です」新人公演初主演に感涙”. 日刊スポーツ. 2016年9月13日閲覧。
  4. ^ a b 宝塚20年ラストミュージカル開幕 主演轟悠が好演 日刊スポーツ。
  5. ^ a b 宝塚歌劇専科・轟悠主演「シラノ」開幕「この作品を、このメンバーで心して」 デイリースポーツ。
  6. ^ 宝塚専科・轟悠の主演作「シラノ―」大阪で開幕「応援してくださる方々から逆にエネルギーをいただく形」 スポーツ報知。