小桜京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小桜 京子(こざくら きょうこ、1935年5月27日 - )は、日本女優喜劇役者

前夫は引田天功、娘は声優引田有美、叔父は柳家金語楼

来歴・人物[編集]

兵庫県明石市出身。新宿区立牛込第一中学校卒業。

3歳の時に柳家金語楼にあずけられ、金語楼劇団の子役として舞台デビュー。14歳で修業のため3年間付き人をつとめる。1953年NHKテレビ開局と共にテレビ番組に出演し、1956年に『金語楼劇場・おトラさん』のお豆さん役がヒットする。

以後、快活な喜劇役者として、映画『おトラさんシリーズ』『駅前シリーズ』『恋人と呼んでみたい』などに出演する。舞台やドラマにも出演し、フジテレビバラエティ番組ライオンのいただきます』では準レギュラーを務めた。

1964年引田天功と結婚するも、1970年に離婚した。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]