小樽天狗山ロープウエイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小樽天狗山ロープウエイ(おたるてんぐやまロープウエイ、: OTARU TENGUYAMA ROPEWAY)は、北海道小樽市にあるロープウェイ

概要[編集]

天狗山の斜面にあり、小樽港石狩湾などを一望することができるビューポイントとなっている。北海道中央バスのグループ会社「中央バス観光開発」が運営している。周辺にはガラス工房やペンションが立地している。冬季は「小樽天狗山スキー場」となる。

2009年(平成21年)には「小樽天狗山ロープウェイ・展望台」として『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』(フランス語版)で一つ星に選定された[1]

路線データ[編集]

搬器は、赤い搬器に「OTARU」、青い搬器に「TENGU」と書かれているが、正式な呼び名は、赤い搬器を「1号車」、青い搬器を「2号車」と呼称している[2]。開業当初は、北海道中央バスの「ハイデッカーカラー」と呼ばれる、白地に灰色とワインレッドの帯に塗られていたが、後に「高速カラー」と呼ばれる白地に赤い2本線・アクセントに赤斜線になっている[3]

  • 種別・方式:普通索道・3線交走式(1支索2曳索)
  • 路線距離:735 m
  • 高低差:271 m
  • 定員:30名
  • 運行速度:3.6 m/秒
  • 所要時間:4分
  • 駅数:2駅(起終点駅を含む)

料金[編集]

中学生から大人料金となり、未就学児は大人1名につき1人無料となる。また、身体障がい者手帳や療育手帳を持っている本人と同伴者1名は、大人料金の半額となる。札幌・小樽発着のロープウェイ+バスのセット料金を設定している。

  • 一般
    • 往復:大人1,200円、小人600円
    • 片道:大人700円、小人360円
  • 団体(20名以上)
    • 往復:大人1,080円、小人540円
    • 片道:大人650円、小人330円

沿革[編集]

1979年昭和54年)に北海道中央バス小樽市から天狗山のスキー場を取得してロープウェイなどを設置し[4]、「小樽天狗山スキー場」としてオープンした[5]。その後も資料館やシマリス公園、神社、スライダーなどの施設を整備していった[6][7][8]

施設[編集]

山頂施設

  • 山頂駅
    • 山頂展望レストランてんぐ・ショップ
    • 天狗の館、小樽スキー資料館、天狗山ギャラリー
    • 屋上展望台
  • 天狗桜展望台
  • 第1展望台
  • 第2展望台(冬期閉鎖)
  • 第3展望台(冬期閉鎖)
  • 天狗山スライダー
  • 天狗山神社
  • 鼻なで天狗さん
  • シマリス公園
  • 天狗広場

山麓施設

  • 山麓駅
    • チケット売場
  • ヴィラ・マウンテング
  • ザ・グラススタジオ・イン・オタル
  • 小樽天狗山 本館
  • 小樽天狗山 山麓館

イベント[編集]

  • 元旦・初日の出
  • 小樽雪あかりの路
  • 天狗山クリーンハイキング
  • 山の日
  • おたる天狗山夜景の日
  • おたる天狗山まつり
  • 小樽ゆき物語[9]

アクセス・駐車場[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小樽天狗山 「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」一つ星”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2009年3月27日). 2019年3月21日閲覧。
  2. ^ オリジナルチョロQ”. 小樽天狗山ロープウエイ. 2015年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月21日閲覧。
  3. ^ 天狗山ロープウェイと小樽市街 北海道”. アマナイメージス. アマナ. 2019年3月21日閲覧。
  4. ^ 沿革”. 北海道中央バス. 2019年3月21日閲覧。
  5. ^ 有価証券報告書 2016, p. 4.
  6. ^ 「天狗」ありスキーあり 小樽・天狗山、山頂に資料館完成”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1981年12月24日). 2019年3月21日閲覧。
  7. ^ 小樽・天狗山 守り神も登場 神仏ゾーンの整備完了”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1982年9月7日). 2019年3月21日閲覧。
  8. ^ 棚から牡丹餅の“天狗山スライダー”ブーム”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2008年8月20日). 2019年3月21日閲覧。
  9. ^ 小樽ゆき物語・余市ゆき物語”. 2019年3月18日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]