小池ヒロミチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小池ヒロミチ
出生名 小池 ヒロミチ
別名 小池さん
生誕 (1961-02-08) 1961年2月8日(57歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県
ジャンル ロック
J-POP
歌謡曲
職業 ベーシスト写真家
担当楽器 ベース
活動期間 1979年 -
公式サイト 小池ヒロミチOfficial Site

小池 ヒロミチ(こいけ ひろみち、1961年2月8日 - )は、日本ベーシスト写真家埼玉県出身。ベーシストスタジオ・ミュージシャンとして活動。音楽事務所などには所属せず、フリーランスで活動している。

音楽家としての活動と同時に、写真家として1998年からライヴ写真を撮り始める。代建築物、風景および人物など撮影対象は多岐にわたり、それらの作品は公式ホームページ、ブログなどで発表している。2010年より山我祐生主催の写真家集団「CYCLONE PHTOGRAPHERS」に参加している。

人物[編集]

埼玉県生まれ。13歳のとき先輩の影響でベースを始める。埼玉県の県立高校へ進学、同級生3人(鎌田常治(G.Vo)、小池ヒロミチ(B、Vo)鈴木秀典(Drs、Vo))でバンド「毒蛾」を結成。在学中にテレビ番組『ぎんざNOW!』、『ロックおもしロック』に出演、グランプリを受賞。YAMAHA主催のコンテストEastWestにおいて入賞。それをきっかけにレコード会社数社よりスカウトの声がかかる。その頃バンド名を「ZERO」と改名する。

1979年EPIC SONYより1stシングル「センチメンタル珊瑚礁(リーフ)」でデビュー。アルバム「ARE YOU READY?」、2ndシングル「ウィークエンドガール」をリリースするも約1年後、バンドを脱退。その後、ギタリスト今剛に師事、スタジオワークを学ぶ。サポート、セッションベーシストとして活動している。

2012年に、東京都中野区野方ライブバー“Booster's Bar”を開店。自身もミュージシャンとしてステージに立つ機会も多い。ベース教室も開き、後進に指導をしている。

演奏スタイル[編集]

指弾きピック弾きを楽曲によって使い分ける。楽曲によりスラップ奏法も用いる。なお自身のルーツはオフィシャルホームページ「弾いてみたシリーズ」で確認できる。

主な経歴[編集]

  • 1979年 - EPIC SONYより「ZERO」のメンバーとしてプロデビュー。
  • 1988年 - 「BEE PUBLIC」(1986年デビュー)に第2期メンバーとして参加。
  • 1989年 - 吉川晃司布袋寅泰ユニット「COMPLEX」にツアーサポートとして参加[1]
  • 1994年3月 - WEAより1stシングル「PRIDE」でソロデビュー。 同年4月、1stアルバム「PRIDE」リリース。
  • 1996年 - 吉川晃司のツアーサポートとして参加(2011年の「日本一心」ツアーまで一部の公演を除き全てのツアーに参加)。
  • 1998年 - 原田喧太(G、Vo)、酒井麿(Drs)と「SUNNY CRUISER」を結成。自主制作にてアルバム「SUNNY CRUISER」をリリース。
  • 1999年 - 林海象監督による映画『Lost Angels』(2000年7月15日公開)にSUNNY CRUISERメンバー全員出演(全編アメリカ合衆国ロケ作品)。
  • 2000年 - 「SUNNY CRUISER」としての活動を休止。
  • 2012年 - Fender Japanとエンドース契約(JB62/VSP/FJ30thを使用中)。
  • 2013年 - SAMURAI ROCK BEGINNING TOURにベーシストとして参加。

主な参加アーティスト[編集]

ほか、多数

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 解散時の東京ドーム公演「19901108」まで全ての公演に参加。またPV作品「ROMANTIC」収録の「GOOD SAVAGE」に出演。