小池兼司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
小池 兼司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県浜松市
生年月日 (1939-02-05) 1939年2月5日(82歳)
身長
体重
169 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1961年
初出場 1961年5月13日
最終出場 1974年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

小池 兼司(こいけ けんじ、1939年2月5日 - )は、静岡県浜松市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ監督

経歴[編集]

浜松商では3年次の1956年春の甲子園遊撃手として出場したが、2回戦で県立尼崎高のエース今津光男に抑えられ敗退[1]

高校卒業後は1957年専修大学へ進学し、東都大学リーグでは在学中に4度の優勝を飾る。3年次の1959年日本選手権では準決勝に進出するが、早大に惜敗。リーグ通算85試合出場、272打数69安打、打率.254、2本塁打、28打点、ベストナイン(遊撃手)3度受賞。大学同期に坂井勝二(中退)・山本兵吾、1年下に堀込基明がいる。

大学卒業後の1961年南海ホークスへ入団し、5月13日の大毎戦(後楽園)で9回裏に三塁手で初出場。翌14日では8番・三塁手で初先発出場し、2回裏に金山勝巳から初安打を記録。同21日の近鉄戦(大阪)で4回裏にグレン・ミケンズから初打点、7月6日の大毎戦(大阪)では9回裏に穴吹義雄の代打でディック・ディサから2点本塁打を放ち、初本塁打を記録。8月には広瀬叔功中堅手に回り、その後継として遊撃手の定位置を獲得。

2年目の1962年に初めて規定打席(30位、打率.230)に到達すると、堅実な守備と左に引っ張る打撃で名遊撃手として活躍し、1960年代の3連覇を含む4度のリーグ優勝に貢献。

3年目の1963年には113併殺で山田潔の持つパ・リーグの遊撃手併殺記録を破った。小柄ながら長打力もあり、同年は22本塁打を放つ。1963年から1966年まで4年連続でベストナインに選出され、1964年から1968年まで5年連続でオールスターゲームに出場。1964年の阪神との日本シリーズでは全7戦に遊撃手として先発出場し、23打数8安打を記録して6年ぶりの日本一に貢献すると、シリーズの技能賞を獲得。

1968年には7月18日の阪急戦(大阪)に7番・遊撃手で先発し、史上134人目の通算1000試合出場を達成。遊撃手連続守備機会無失策218回という当時の日本記録を樹立した。オールスターでは7月25日の第3戦(西宮)では途中出場ながら3安打、江夏豊から3点本塁打と島田源太郎からサヨナラ三塁強襲安打を放ってMVPを獲得。小池は延長11回裏の一死二塁で打順が回ってきたが、相手はオープン戦で対戦したことがある程度の島田で、何も考えずストレートを強く振ることしか、小池の頭にはなかった[2]長嶋茂雄が、三遊間の当たりに横っ飛びでグラブを出した。グラブの網に入るか、入らないかで、長嶋のグラブの先端に当たった打球は、方向を変えて中堅の方へ大きく進路を変えた[2]。二塁走者であった代走の池永正明が手を叩きながら生還し、西宮での第3戦で全パは3連敗を逃れ「実力のパ」の面目を保った。殊勲の強襲安打を放った小池は5度目の出場で、初のMVP選出となった[2]。この時はチームメイトの野村克也が二塁打を放ちチャンスメークをしたが、西本幸雄監督は「ノムの足では1本で還ってこれへん」との判断で代走に池永を起用。打者を使い尽くした末の苦肉の起用であったため、西本は頭を抱えつつ、弱冠21歳の他球団の投手に全力疾走させてしまったという、罪悪感も少しあった。試合後は「ベンチの中西監督がOKを出したのでピンチランナーに使ったが、申し訳なかった」と言葉は少なかったが、それでも「3連敗だけは免れたかった。その思いだけでの判断」と、全パで初の指揮を執った西本がオールスター采配初勝利を決めた[2]。サヨナラ打の小池は7回に第3戦最初の打席で江夏から一度は逆転となる3点本塁打を左翼へ放っていたため、「正直、ホームランの方が嬉しかったかな」と、殊勲の一打にはあまり関心を示さなかった。内心はすっかりその気になっていたが、9回に全は二死一塁から2本の安打と全パの守備の乱れで同点にした際、遊撃のポジションから小池は試合中ながら「俺がこんな大舞台でヒーローになれるわけがないんだ」と考えていた。1964年から5年連続出場でこのサヨナラ打が最後の安打となったが、オールスターでは通算4安打でこの西宮の試合で3安打であった[2]

1971年7月15日の西鉄戦(平和台)では9回表に後藤清から左越ソロ本塁打を放ち、史上64人目の通算100本塁打を記録。

1972年には移籍入団の佐野嘉幸にレギュラーを譲り、1974年4月17日の太平洋戦(平和台)に7番・遊撃手で先発し、史上46人目の1500試合出場を達成。5月5日のロッテ戦(大阪)では7回裏に池田重喜から中前安打を放ち、史上86人目の1000安打を達成。プロでは1年目に三塁手二塁手としても起用され、晩年にも二塁手として2試合に出場したが、それ以外は遊撃手一筋であった。同年引退。

引退後は南海→ダイエーで二軍助監督(1975年)、二軍コーチ(1976年 - 1977年)、一軍コーチ(1978年 - 1979年)、一軍守備・走塁コーチ(1980年)→二軍守備コーチ(1981年)、二軍ヘッド兼内野守備コーチ(1982年)、二軍監督(1983年 - 1985年)、編成部長、スカウトを歴任し、1992年退団。その後は大阪府八尾市の少年野球チームで指導していたが、台湾プロ野球三商タイガース打撃コーチ(1994年 , 1998年)・和信ホエールズ打撃コーチ(1997年)を歴任。現在は大阪ホークスドリームで女子野球部の監督を務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1961 南海 98 238 220 29 46 8 0 9 81 25 7 3 4 1 12 1 1 49 2 .209 .253 .368 .621
1962 133 496 444 56 102 26 0 8 152 43 24 7 11 1 39 1 1 81 8 .230 .293 .342 .636
1963 149 603 534 70 127 19 3 22 218 65 20 14 14 4 47 0 4 82 8 .238 .304 .408 .713
1964 149 616 553 66 144 33 2 10 211 57 30 14 4 3 51 1 5 48 7 .260 .328 .382 .710
1965 137 562 493 64 132 13 2 17 200 63 12 14 3 3 61 2 2 56 8 .268 .351 .406 .756
1966 132 504 436 43 94 13 2 7 132 48 6 8 4 2 59 3 3 70 11 .216 .313 .303 .616
1967 126 412 371 36 72 10 0 7 103 31 5 2 6 1 33 3 1 60 6 .194 .262 .278 .539
1968 136 488 399 45 77 15 1 13 133 44 3 0 10 7 70 7 2 80 5 .193 .316 .333 .650
1969 98 327 286 19 58 8 2 2 76 25 2 2 1 2 36 2 2 53 3 .203 .296 .266 .562
1970 94 230 206 18 40 6 0 4 58 26 1 0 2 1 21 3 0 24 6 .194 .269 .282 .550
1971 88 219 201 19 54 3 0 2 63 24 1 3 0 2 16 0 0 18 5 .269 .323 .313 .636
1972 77 133 115 9 22 2 0 1 27 8 2 0 3 0 15 1 0 20 1 .191 .285 .235 .519
1973 79 145 125 10 26 1 0 2 33 14 0 1 2 1 16 0 1 17 3 .208 .303 .264 .567
1974 40 52 48 3 9 2 0 0 11 0 0 0 1 0 3 0 0 7 0 .188 .235 .229 .464
通算:14年 1536 5025 4431 487 1003 159 12 104 1498 473 113 68 65 28 479 24 22 665 73 .226 .305 .338 .643
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1968年7月18日、対阪急ブレーブス15回戦(大阪スタヂアム)、7番・遊撃手で先発出場 ※史上134人目
  • 100本塁打:1971年7月15日、対西鉄ライオンズ16回戦(平和台球場)、9回表に後藤清から左越ソロ ※史上64人目
  • 1500試合出場:1974年4月17日、対太平洋クラブライオンズ前期3回戦(平和台球場)、7番・遊撃手で先発出場 ※史上46人目
  • 1000安打:1974年5月5日、対ロッテオリオンズ前期5回戦(大阪スタヂアム)、7回裏に池田重喜から中前安打 ※史上86人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 2(1961年 - 1975年)
  • 63(1976年 - 1978年)
  • 73(1979年 - 1980年)
  • 81(1981年 - 1982年)
  • 70(1983年 - 1985年、1997年)
  • 87(1998年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ a b c d e 【7月25日】1968年(昭43) 小池兼司 一度は手放したMVP 自ら取り戻す

関連項目[編集]