小池欣一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小池 欣一(こいけ きんいち 1919年4月14日- 2008年7月4日)は、日本官僚。元内閣官房副長官(事務担当)。従三位勲一等東京府出身。

来歴[編集]

東京府立一中第一高等学校 (旧制)を経て、1943年、東京帝大法学部政治学科卒業後、厚生省入省。厚生省引揚援護局援護課長、社会局保護課長などを経て、内閣官房総務課長兼首席参事官に。

1970年、内閣官房副長官(事務担当)、1973年、日本赤十字社副社長、日赤学園理事長を経て、1991年、骨髄移植推進財団が設立されたのにともない、理事長に。他に、日本社会事業大学理事長。

1991年勲一等瑞宝章受章。

2008年7月4日、肺炎の為に死去。叙従三位。89歳没