小沢儀明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小沢儀明
生誕 1899年3月31日
日本の旗 日本山梨県東山梨郡日下部村(現山梨市
死没 (1929-12-28) 1929年12月28日(30歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 地質学古生物学
研究機関 東京帝国大学
出身校 東京帝国大学
主な受賞歴 学士院恩賜賞(1926)
プロジェクト:人物伝

小沢 儀明(おざわ よしあき、1899年3月31日 - 1929年12月28日)は地質学者古生物学者東京帝大助教授

1923年、東京帝国大学地質学科卒業、同大学助手となる。翌年講師。論文「日本二畳石炭紀石灰岩の区分の就いて」「秋吉台石灰岩を含む所謂上部秩父古生層の層位学的研究」によって地質学会奨励金を受ける。特に後者の研究は秋吉台の巨大な地層の逆転構造を立証したことで、学界に大きな衝撃を与えた[1]

1925年助教授となり、1926年、「中国地方の古生層並に中生層の層位学上の研究」により学士院恩賜賞を受賞する[2]。同年3月 東京大学理学博士 「The post-Paleozic and late-Mesozoic earthe-movements in the innner zone of Japan(日本内帶に於ける古生代末期及中生代末の地殻変動)」。[3]

1927年欧米に留学し、アメリカの古生物学者ジョセフ・オーガスティン・カッシュマン(Joseph Augustine Cushman)と有孔虫類系統分類の共同研究で成果をあげた。1929年帰国するが、腸チフスで夭折する。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.urban.ne.jp/home/akihaku/kagaku.site/oitachi.site/kaerimizu.html
  2. ^ http://www.japan-acad.go.jp/japanese/activities/jyusho/011to020.html
  3. ^ 博士論文書誌データベース