小沢道成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小沢 道成(おざわ みちなり、1985年10月17日 - )は、日本俳優劇作家血液型はO型。サードステージ所属[1]虚構の劇団初期からの劇団員。

来歴[編集]

滋賀県に生まれ、京都府で育つ。父は経済学者小沢修司[2]

京都にいるとき、映画のオーディションやワークショップを受けていたがうまくいかず、姉から教えられた阪神タイガーウッズという劇団のワークショップを受け、演劇に魅了される[3]

京都でフリーで俳優をした後、上京。「虚構の劇団」のオーディションを受け、約2000人の中から選ばれた。

自身が主宰する「EPOCH MAN」では作・演出も行う[4]

2014年9月に一色洋平と「一色洋平×小沢道成」を結成する。

作品[編集]

舞台[編集]

出演[編集]

作・演出・出演[編集]

  • 「ハッピーエンドにつづく、右脳と左脳」 EPOCH MAN (2013年1月18日 - 20日、八幡山ワーサルシアター)
  • 「耕太、宙に浮きながら」 EPOCH MAN (2014年2月7日 - 11日、キッド・アイラック・アート・ホール
  • 「鶴かもしれない」 EPOCH MAN(2014年5月22日 - 26日、キッド・アイラック・アート・ホール)
  • 「谺は決して吠えない」 一色洋平×小沢道成(2014年9月4日 - 8日、王子小劇場)※演出・出演
  • 「みんなの宅配便」 EPOCH MAN(2015年6月27日 - 7月21日、キッド・アイラック・アート・ホール)
  • 「鶴かもしれない2016」 EPOCH MAN(2016年1月20日 - 24日、下北沢OFF・OFFシアター)
  • 「巣穴で祈る遭難者」 一色洋平×小沢道成(2016年3月24日 - 4月4日、Geki地下Liberty)※演出・出演
  • 「夜明け」 EPOCH MAN(2017年1月6日 - 9日、ひつじ座)※演出・出演
  • 「Brand new OZAWA mermaid!」 EPOCH MAN(2018年5月5日 - 20日、APOC THEATER)
  • 「夢ぞろぞろ」 EPOCH MAN(2019年8月7日 - 12日、シアター711)

テレビ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 「オールナイトニッポン劇場」青春編 ニッポン放送(2018年7月5日 - )

受賞[編集]

  • 王子小劇場佐藤佐吉賞最優秀助演男優賞(2014年)[5]

脚注[編集]