小沼通二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小沼 通二(こぬま みちじ、 1931年1月25日 - )は、日本物理学者素粒子理論)。慶應義塾大学名誉教授、神奈川歯科大学理事。元日本学術会議原子核特別委員会委員長、元日本物理学会会長、元アジア太平洋物理学会連合会長、ノーベル平和賞を受賞したパグウォッシュ会議の元評議員。ハンガリー科学アカデミー名誉会員、素粒子メダル功労賞。世界平和アピール七人委員会委員。

東京府(現杉並区)生まれ。東京大学理学部物理学科卒、1958年同大学院修了、「On the conservation of the lepton number」で理学博士。東大理学部助手、京都大学基礎物理学研究所助教授、1983年慶應義塾大学経済学部教授、1996年定年、名誉教授、武蔵工業大学教授[1]

編著書[編集]

  • 『電磁気学』碓井恒丸,江沢洋共著 修学社 物理学叢書 1958
  • 『初等力学』碓井恒丸, 江沢洋共著 弘文堂 1959
  • 『現代物理学』編著 放送大学教育振興会 1993
  • 湯川秀樹日記 昭和九年:中間子論への道』編 朝日選書 2007
  • 『「湯川秀樹物理講義」を読む』監修 講談社 2007

翻訳[編集]

  • サムエル・A.ハウトスミット『ナチと原爆 アルソス:科学情報調査団の報告』山崎和夫共訳 海鳴社 1977
  • ノーベル財団『ノーベル賞講演物理学』全12巻 中村誠太郎共編 講談社 1980-82
  • Euan Squires『素粒子と宇宙の新世界』岡隆光共訳 丸善 1990
  • ジョセフ・ロートブラット、ジャック・シュタインバーガー、バルチャドウ・ウドガオンカー編著『核兵器のない世界へ A Pugwash monograph』沢田昭二杉江栄一安斎育郎共監訳 かもがわ出版 1995
  • J.ハート『環境問題の数理科学入門』蛯名邦禎共監訳 シュプリンガー・ジャパン 2010

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987,2002