小泉和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小泉 和子(こいずみ かずこ、1933年11月19日[1] - )は、日本の生活史研究家。小泉和子生活史研究所代表。昭和のくらし博物館館長。NPO法人昭和のくらし博物館理事長。家具道具室内史学会会長。重要文化財熊谷家住宅館長。父の小泉孝(1901-1982)は建築技師で、自ら設計施工した自宅が、登録有形文化財になり、昭和のくらし博物館(東京都大田区)として公開されている。日本社会党の衆議院議員を務めた野間千代三は母方の叔父である。

略歴[編集]

東京生まれ。女子美術大学で洋画をまなび、卒業後家具製作会社に入社。1970年東大工学部建築学科の研究生となり、日本家具・室内意匠史を研究。1971年生活史研究所を設立。1986年「日本住宅において家具調度が室内意匠に与えた影響に関する研究」で東京大学工学博士。1999年から東京大田区の生家を「昭和のくらし博物館」として公開する。2001年-2007年京都女子大学教授。

著書[編集]

  • 『日本の美術 和道具』小学館 1977 ブック・オブ・ブックス
  • 『家具と室内意匠の文化史』法政大学出版局 1979
  • 『箪笥』法政大学出版局 1982 ものと人間の文化史
  • 『道具が語る生活史』1989 朝日選書
  • 『台所道具いまむかし』平凡社 1994
  • 『日本史小百科 家具』東京堂出版 1995
  • 『室内と家具の歴史』中央公論社 1995 のち文庫
  • 『和家具』小学館 1996
  • 『昭和台所なつかし図鑑』平凡社 1998 コロナ・ブックス
  • 『道具と暮らしの江戸時代』吉川弘文館 1999 歴史文化ライブラリー
  • 『昭和のくらし博物館』田村祥男写真 河出書房新社 2000 らんぷの本
  • 『和食の力』2003 平凡社新書
  • 『西洋家具ものがたり』河出書房新社 2005 らんぷの本
  • 『昭和すぐれもの図鑑』田村祥男 写真 河出書房新社 2007 らんぷの本
  • 『「日本の住宅」という実験 風土をデザインした藤井厚二』農山漁村文化協会 2008 百の知恵双書
  • 『昭和の家事 母たちのくらし』河出書房新社 2010 らんぷの本
  • 『船箪笥の研究』思文閣出版 2011
  • 『図説日本インテリアの歴史』河出書房新社 2015 ふくろうの本
  • 『茶と室内デザイン』思文閣出版 2015
  • 『昭和なくらし方』河出書房新社 2016 らんぷの本
  • 『くらしの昭和史』朝日新聞出版 2017 朝日選書

共編著[編集]

  • 『旧沼津御用邸の家具 明治宮廷の洋風文化 沼津御用邸記念公園西附属邸家具修繕報告書』編著 沼津市 1995
  • 『銀座育ち 回想の明治・大正・昭和』小泉孝共著 1996 朝日選書
  • 『絵巻物の建築を読む』玉井哲雄黒田日出男、共編著 東京大学出版会、1996
  • 『類聚雑要抄指図巻』川本重雄共編 中央公論美術出版 1998
  • 『占領軍住宅の記録』高藪昭,内田青蔵共著 住まいの図書館出版局 1999 住まい学大系
  • 『桶と樽 脇役の日本史』編 法政大学出版局 2000
  • 『ちゃぶ台の昭和』編 河出書房新社 2002 らんぷの本
  • 『洋裁の時代 日本人の衣服革命』編著 OM出版 2004 百の知恵双書
  • 『昭和のキモノ』編 河出書房新社 2006 らんぷの本
  • 『家で病気を治した時代 昭和の家庭看護』編著 農山漁村文化協会 2008 百の知恵双書
  • 『女中がいた昭和』編 河出書房新社 2012 らんぷの本
  • 『少女たちの昭和』河出書房新社 2013 らんぷの本
  • 『昭和の結婚』河出書房新社 2014 らんぷの本
  • 『パンと昭和』河出書房新社 2017 らんぷの本
  • 『楽しき哀しき昭和の子ども史』河出書房新社 2018 らんぷの本

翻訳[編集]

  • ランベルト・バンキ『仕事ばんざい ランベルト君の徒弟日記』中嶋浩郎訳 小泉編 中央公論社 1992
  • ジョン・ブライ『イギリスの家具』西村書店 1993
  • ジョン・セイモア『図説イギリス手づくりの生活誌 伝統ある道具と暮らし』監訳 生活史研究所訳 東洋書林 2002

自著英訳[編集]

  • Traditional Japanese Furniture アルフレッド・バーンバウム訳 講談社インターナショナル、1986
  • Traditional Japanese Chests : a Definitive Guide 英文版 Gavin Frew 訳. 講談社インターナショナル、2010

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.259

参考[編集]

  • 小泉和子生活史研究所:[1]
  • 家具道具室内史学会:[2]
  • 日本家具・室内意匠史を教えて6年(小泉和子先生御退職特集)小泉和子『生活造形』2007-02:[3]