小泉孝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
こいずみ こうたろう
小泉 孝太郎
生年月日 (1978-07-10) 1978年7月10日(40歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横須賀市
身長 177 cm[1]
血液型 AB型[1]
職業 俳優タレント司会者
ジャンル 映画テレビドラマCMバラエティ
活動期間 2001年 -
著名な家族 小泉由兵衛(高祖父)
小泉又次郎(曾祖父)
泰道照山(曾祖父)
小泉純也(祖父)
小泉芳江(祖母)
小泉純一郎(父)
小泉進次郎(弟)
事務所 イザワオフィス
公式サイト IZAWA OFFICE 小泉孝太郎
主な作品
テレビドラマ
波の塔
ハケンの品格
コールセンターの恋人
魔性の群像 刑事・森崎慎平シリーズ
杉村三郎シリーズ
ミステリー作家・朝比奈耕作シリーズ
警視庁ゼロ係
ブラックペアン
グッドワイフ

小泉 孝太郎(こいずみ こうたろう、1978年7月10日[2] - )は、日本俳優タレント司会者神奈川県横須賀市出身[1]イザワオフィス所属[2][3]

父は第878889内閣総理大臣小泉純一郎、弟は政治家小泉進次郎[1]

略歴[編集]

神奈川県横須賀市生まれ[1]。4歳の時に両親が離婚し父が親権を持つが、多忙のため伯母のもとで育つ。

学生時代は高祖父小泉由兵衛の職業とび職に憧れ[4]アルバイトも経験した[要出典]。父に政治家への道を反対されるが、「ほかに夢中になれることを探せ」という父の一言から俳優を志す[5]

関東学院六浦高等学校卒業[6]。高校時代は野球部に所属し甲子園を目指していたが、3年生の地方大会のときに腰を痛め、ベンチに入れず応援する側に回った[7]。チームは地方大会の1回戦で敗退し、本人も野球の道を断念した[7]

その後2年間の浪人生活を経て日本大学経済学部夜間部に合格し、日本大学経済学部夜間部に進学したが後に中退。

2000年に開催された「21世紀石原裕次郎を捜せ」オーディションに応募するも身長が180cmに満たなかったために二次審査で落選[1]。しかし翌年の2001年に父・純一郎が内閣総理大臣になる[1]と、「小泉総理の長男(孝太郎)はかなりのイケメンらしい」という評判や前述のオーディションへの応募経験が公になり、芸能人志望であった孝太郎を、その話題性から複数の芸能事務所が獲得に動き、イザワオフィスと契約[要出典]CMの出演依頼は15社にものぼった[8]。同じ事務所の先輩であるいかりや長介に師事[1]デビュー前から役者についての手ほどきを受け、たいへん気に入られていた[要出典]

人物[編集]

俳優の上地雄輔とは子供の頃から家で寝泊りするなど仲良く遊んでいた仲。本人が俳優になる頃に上地に相談したり、「俺も俳優になること決めたから」と報告した[要出典]

仲の良い芸能人は、細川茂樹[9]ムロツヨシ[5][10]などがいる。

所有資格は第四級アマチュア無線技士など。孝太郎の名は、元産経新聞記者で政治評論家の俵孝太郎から取ったもので、後に俵とCMで共演している[要出典]

GLAYのファンでもある[要出典]。また、学生時代から常盤貴子のファンだった。

公称サイズ[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

  • Antenna K(2005年 - 、bayfm

朗読オーディオブック[編集]

WEB[編集]

CM[編集]

雑誌連載[編集]

  • 「小泉孝太郎の『今月のデートプラン』」(『CLASSY.』、光文社[いつ?]
  • 「小泉孝太郎の38歳の“独り”ごと」(『Domani』2016年12月号 - 、小学館[33]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 小泉孝太郎 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2018年8月15日閲覧。
  2. ^ a b c IZAWA OFFICE >> 小泉孝太郎”. イザワオフィス. 2018年8月15日閲覧。
  3. ^ バーニング系列のプロダクションオーロラが一部介入。
  4. ^ 小泉家はかつて「とび職」を家業としていたため。
  5. ^ a b “「政治家の道、反対された」首相一家の絆を語る・俳優の小泉孝太郎さん”. 神奈川新聞ニュース. (2018年11月17日). https://www.kanaloco.jp/article/372540/ 2018年11月23日閲覧。 
  6. ^ 竹中直人さん(22回卒)小泉孝太郎さん(45回卒)が母校で撮影「ボクらの学校」(日テレ 8/11) (PDF)”. 六葉会会報vol.19. 関東学院六葉会. 2019年1月6日閲覧。
  7. ^ a b c d e 浅原奈美 (2008年7月8日). “今夏の高校野球の"顔"小泉孝太郎が叫ぶ - 「今からでも甲子園に出たい!」”. マイナビニュース. マイナビ. 2018年8月15日閲覧。
  8. ^ a b “小泉孝太郎サントリーの顔に 10月発売発泡酒CM決定”. スポーツ報知. (2001年8月31日). オリジナルの22001-10-06時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20011006104525/http:/www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/aug/o20010831_10.htm 2018年11月23日閲覧。 
  9. ^ “細川茂樹:“家電俳優”改め“住宅展示場俳優”に 小泉孝太郎と濃密“男子トーク””. MANTANWEB. (2011年8月6日). https://mantan-web.jp/article/20110805dog00m200032000c.html 2018年8月15日閲覧。 
  10. ^ 小泉孝太郎、ムロツヨシ愛を告白「自分よりムロさんの成功の方が嬉しかった」”. テレビドガッチ (2018年7月18日). 2018年8月15日閲覧。
  11. ^ テレ東・船越英一郎主演「刑事吉永誠一」シリーズ、12・28完結へ”. ORICON STYLE. オリコン (2016年12月9日). 2016年12月15日閲覧。
  12. ^ 【お知らせ】”. おわこんTV. NHK (2014年10月2日). 2014年10月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月4日閲覧。
  13. ^ 小泉孝太郎&武田鉄矢が初共演!臓器売買の闇と医療倫理に迫る”. シネマトゥデイ (2015年5月19日). 2015年5月19日閲覧。
  14. ^ 小泉孝太郎「プライベートの予定キャンセルした」 『下町ロケット』出演に歓喜”. ORICON STYLE. オリコン (2015年11月11日). 2015年11月11日閲覧。
  15. ^ 小泉孝太郎、KY刑事役で新境地なるか 父譲り(!?)の“変人”ぶりに期待”. ORICON STYLE. オリコン (2015年11月23日). 2015年11月24日閲覧。
  16. ^ “小泉孝太郎“KY刑事”再び テレ東「警視庁ゼロ係」7月スタート”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年5月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/16/kiji/20170515s00041000334000c.html 2017年5月16日閲覧。 
  17. ^ “小泉孝太郎主演ドラマ、シリーズ第3弾が7月放送へ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年6月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806070000869.html 2018年6月8日閲覧。 
  18. ^ WOWOW『沈まぬ太陽』 キャスト追加発表&5・8スタート”. ORICON STYLE. オリコン (2016年2月13日). 2016年3月25日閲覧。
  19. ^ 小泉孝太郎、NHKドラマ初主演 “落ちこぼれJK”川口春奈と東大目指す「完全燃焼させます!」”. オリコン (2016年5月20日). 2016年5月20日閲覧。
  20. ^ 出演者紹介”. 24時間テレビドラマスペシャル. 日本テレビ (2016年). 2019年1月6日閲覧。
  21. ^ 小泉孝太郎、天海祐希と4年半ぶり共演 “対立関係”に「バチバチとやり合いたいORICON NEWS”. オリコン (2016年9月12日). 2017年9月18日閲覧。
  22. ^ 向井理×斎藤工W主演『アキラとあきら』に小泉孝太郎、田中麗奈、松重豊ら”. CINRA.NET (2017年4月20日). 2017年9月18日閲覧。
  23. ^ “二宮和也主演ドラマ「ブラックペアン」に竹内涼真、葵わかなが出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年2月21日). https://natalie.mu/eiga/news/270366 2018年2月21日閲覧。 
  24. ^ 小泉孝太郎、絶妙なネタバレ回避 上川隆也も感心「僕も同じシーンを言おうと思った」”. ORICON NEWS. オリコン (2018年8月31日). 2018年10月11日閲覧。
  25. ^ “常盤貴子、19年ぶり日曜劇場主演!「グッドワイフ」で弁護士役に”. シネマトゥデイ. (2018年11月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0104664 2018年11月5日閲覧。 
  26. ^ 「ミキモト」の真珠作りの秘密とは!? 製作現場に潜入取材”. テレビドガッチ (2017年3月14日). 2018年11月23日閲覧。
  27. ^ “小泉孝太郎、フジ系水10でレギュラーバラエティー番組初司会!”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年3月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160304/geo16030405030011-n1.html 2016年3月4日閲覧。 
  28. ^ “小泉孝太郎 テレ東の五輪キャスターに”. デイリースポーツ. (2016年3月25日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/03/25/0008924647.shtml 2016年3月25日閲覧。 
  29. ^ “菅野美穂&小泉孝太郎、役柄に共感 ディズニー映画『ベイマックス』”. ORICON NEWS. (2014年12月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2046228/full/ 2017年2月16日閲覧。 
  30. ^ 『鈍感力』渡辺淳一×小泉孝太郎”. e-Spirit Books. 2013年1月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年4月3日閲覧。
  31. ^ “小泉孝太郎、結婚し40代でマイホームを”. デイリースポーツ. (2016年4月28日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/04/28/0009032348.shtml 2016年4月28日閲覧。 
  32. ^ 渋谷恭太郎 (2018年10月6日). “話題沸騰、「ハズキルーペ」CMの意外な裏側”. 東洋経済ONLINE. 東洋経済新報社. 2018年10月11日閲覧。
  33. ^ 「Domani Column Buffet 新連載 小泉孝太郎の38歳の“独り”ごと」、『Domani』2016年12月号、小学館、2016年11月1日、 262頁。