小泉斐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小泉 斐(こいずみ あやる、明和7年3月(1770年4月) - 嘉永7年7月5日[1]1854年7月29日))は江戸時代後期の絵師である。とくに図が有名。

本姓は木村。幼名を勝、は光定、を桑甫・子章とし、檀山[2]・青鸞・檀森斎・非文道人などとした。下野国の人。

略伝[編集]

下野国芳賀郡益子(現在の栃木県芳賀郡益子町)に生まれる。父は鹿島神社神官の木村一正、母は片岡氏。幼少より絵を好み、11歳で高田敬輔の門人・島崎雲圃に入門。唐美人図・鮎図などを習う。師との関係から近江に頻繁に出向き、日野祭の山車の見送幕の製作などをしている。

30歳頃、那須郡両郷村(現在の栃木県那須郡黒羽町温泉神社の小泉光秀の養子となり同社の神官を継いだ。立原翠軒に就いて経学詩文を修め、その子立原杏所に画を教えた。また和歌、音楽を嗜んだともいう。享和元年(1801年)に、甲斐守に任ぜられ従五位に叙される。

50歳の時に黒羽藩大関増業より城北の鎮国社宮司職を与えられ、その後は旺盛に画の創作を行った。

画は王維を敬慕した。各地から門弟が雲集し30年もの間、画技を伝えたという。「小泉檀山門人録」には100名もの人名が記され島崎玉淵・宇佐美太奇などが育つ。高久靄厓も画技を受けたひとりという。鮎図に猫が飛びついたというエピソードが伝わる。

斐は立原翠軒の従者として寛政7年(1795年)に藤田幽谷などと吉原口から富士登山に成功している。このときを元に製作した「富嶽写真」は富岡鉄斎が富士図製作に携わるとき大いに参考にした。

代表作[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 文化財指定 備考
楊柳観音 紙本墨画 1幅 173.4x88.6 大雄寺 1806年 款記「文化丙寅秋日那須惣社社司/甲斐守従五位下藤原朝臣光定於神宮寺謹寫」/白文方印・朱文方印[3] 栃木県指定文化財
鮎図 1813年 栃木県指定文化財
鮎図 1833年 栃木県指定文化財
鮎図 1847年 栃木県指定文化財
唐美人図 1811年 栃木県指定文化財
月下弾琴図 栃木県立博物館
龍に馬師皇図 明王寺 栃木県指定文化財
群仙図 上野記念館 1817年
嘉寿天良頂戴図 紙本淡彩 1幅 40.0x28.2 1837年 款記「源國女十二月嘉寿天良頂戴圖/檀山老人斐筆」/白文方印・朱文方印 羽藩主主・大関増業からカステラを頂く孫娘と、同席してこれを喜ぶ斐自身の像[4]
富士写真 栃木県立博物館 1846年

[編集]

  1. ^ 7月5日は墓標。墓碑銘には7月29日となっている。
  2. ^ 檀山とは那須郡両郷村温泉神社の建つ山名「まゆみやま」に由来する。
    橋本慎司「小泉斐 偉大なる無名画人へのアプローチ」・図録「高田敬輔と小泉斐」所載
  3. ^ 栃木県立博物館編集・発行 『平成十七年度秋季企画展 祈りのすがた ―下野の仏画―』 2005年10月1日、第72図、ISBN 4-88758-033-9。
  4. ^ 茨城県立歴史館編集・発行 『平成23年度 特別展 肖像画の魅力 ―歴史(とき)を見つめた眼差し―』 2012年2月11日、第97図。

参考文献[編集]

  • 図録『高田敬輔と小泉斐』滋賀県立近代美術館 2005年
  • 小山田榮重『檀山先生伝略』
  • 古筆了仲『扶桑名画伝』