小泉遥香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
こいずみ はるか
小泉 遥香
プロフィール
愛称 おはる
生年月日 2001年1月5日
現年齢 20歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 B型
公称サイズ(2017年11月[1]時点)
身長 157.2 cm
所属グループ 超ときめき♡宣伝部
事務所 スターダストプロモーション
アイドル: テンプレート - カテゴリ

小泉 遥香(こいずみ はるか、2001年1月5日[1] - )は日本のアイドル女優超ときめき♡宣伝部のメンバー。埼玉県出身[1]スターダストプロモーション所属。左利き

略歴[編集]

2015年1月31日・2月1日、少女劇団いとをかし第2回公演『ともだちの数え方』に出演。

2015年4月11日、アイドルグループときめき♡宣伝部」が結成され、ときめき♡ピンク担当になる。

人物[編集]

  • 趣味は1人芝居、作詞、ギター(アコースティックギター[2][1][3]
  • 特技は歌うこと、広島弁のニュース原稿を読めること[1]
  • 好きな食べ物はコーンポタージュ、担々麺、フルーツ[1]
  • 好きな言葉は粉骨砕身[1]
  • ラジオ好きで「SCHOOL OF LOCK!」をよく聴いている。音楽好き[4]
  • ブログの更新が日課で、2020年12月21日の記事でLINEブログの投稿が2,000回に達成した。ファンからの多くの祝福コメントが寄せられたのがきっかけとなり、「2020年12月 編集部が選ぶ LINE BLOG月間MVP」に選出された[5]

出演[編集]

生誕祭[編集]

  1. 2016年1月10日 - ときめき♡宣伝部 おはる生誕祭(東京・ららぽーと豊洲) 
  2. 2017年1月15日 - ときめき♡ピンクおはる生誕祭(東京・北とぴあ つつじホール) 
  3. 2018年1月7日 - ときめき♡宣伝部 小泉遥香生誕祭(千葉・行徳文化ホールI&I) 
  4. 2019年1月13日 - ときめき♡ピンク おはる生誕祭(東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA) 
  5. 2020年1月26日 - ときめき♡ピンク おはる生誕祭 「恋's music2020」(東京・ヴィーナスフォート) 
  6. 2021年1月31日 - 超ときめき♡ピンク 小泉遥香生誕祭 「恋's music2021」 ※無観客生配信ライブ

テレビ[編集]

  • 「私立輝女学園〜KAGAJO.COM〜」(J-COMチャンネル、2014年4月 - 2015年3月)
  • 「私立輝女学園〜KAGAJO.COM〜 SEASON2」(J-COMチャンネル、2015年4月 - 2016年3月)
  • 『男の操』1話 女子高生役(NHK BSプレミアム、2017年11月12日)
  • 痛快TVスカッとジャパン 「「ムチャ受験」大逆転のメゾット」(フジテレビ、2019年7月15日)
  • 痛快TVスカッとジャパン 「悪徳訪問販売を母親が撃退」(フジテレビ、2020年1月13日)- 菅谷美波役
  • THE 突破ファイル(日本テレビ、2020年3月19日)

ラジオ[編集]

  • ニッポン放送 ホリデースペシャル「太田胃散プレゼンツ スタプラアイドルラジオ」(ニッポン放送、2020年7月23日)
  • 60TRY部ラジオ日本) - 毎週木曜日20:30からのコーナー「永野の映画はえ~がな!」でアシスタントを担当[6]

映画[編集]

ミュージックビデオ[編集]

  • 乃木坂46 MV「無口なライオン」(2014年7月9日発売)
  • 乃木坂46 個人PV「インスタントカメラ」(2015年3月18日発売)

舞台[編集]

  • 少女劇団いとをかし第2回公演『ともだちの数え方』(2015年1月31日・2月1日公演)[7]
  • 少女劇団いとをかし第3回公演『シーパー』(2015年9月5日・6日公演)[8]
  • 少女劇団いとをかし第4回公演『シーパーREMAKE』(2016年2月13日・14日公演)[9]
  • ミュージカル「オープニングナイト」 〜桜咲高校ミュージカル部〜(2021年7月8日 - 11日、日本青年館ホール) - レイコ 役[10]

CM[編集]

  • 株式会社ジュピターテレコム(J:COM)「J:COM MOBILE」
  • タカラトミーアーツ「クミヒモルーミー」(2015年)
  • 本田技研工業「Hybrid」
  • BASE株式会社「BASE」(2021年)[11]

広告[編集]

  • モリリン株式会社「HEAD KIDS」2015 SPRING SUMMER」
  • 本庄第一中学・高等学校

超ときめき♡宣伝部としての活動[編集]

担当カラーは、超ときめき♡ピンク

公式ファンクラブ「超ときめき♡宣伝本部」[12]でメンバーコンテンツ「小泉、今日の一句」を毎週金曜日に更新している。

辻野かなみ坂井仁香とは、小泉が「私立輝女学園〜KAGAJO.COM〜」1期の後半で転校生的な感じで入ってきたのが最初の出会いという[13]。2015年4月に3人とも結成メンバーとなる。

2015年12月27日のクリスマスライブで「ときめき♡宣伝部は期間限定ユニットなのか?」と決断を1人ずつ迫られる場面があり、「続けさせてもらえるなら、続けたいです。続けてもいいですか……?」と涙ながらに訴え、観客からは大きな歓声と拍手が送られる場面があった[14]。当時の心境について「それまで私たちは本当にフワフワとした気持ちだったと思うんです。でも続けるかどうするかを考えたとき、無駄にしたくないなと思った。」と振り返る[15]

2016年6月1日「むてきのうた」発売日のイベントで「今皆さんがここにいてくれて本当にうれしい。皆さんと、私たちがいれば必ず“むてき”です。皆さんの笑顔と声援と目で、私たちのことをパワーアップさせていってください!」と言葉に力を込めた[16]

2016年7月17日のワンマンライブでメジャーデビュー決定がサプライズで発表され、「今になってもあんまり理解できてない。でもね、もうね、とにかくうれしい。とき宣がデビューなんてしていいのかわからないけど、みなさんの期待に絶対応えられるように精一杯がんばりたいです。本当に最高です」と興奮気味に語った[17]

2019年4月のインタビューで歌唱面での成長について「最近、ユニゾンが少なくなって、それぞれのソロパートが増えたんです。1人ひとりの声や歌い方の個性がはっきりしてきたのかなと思います。」と答えている[18]

楽曲「妄想プールデート」について「この曲は前回のシングル曲の『ときめき♡宣伝部のVICTORY STORY』を作ってくださった松隈ケンタさんに作曲していただいた曲で。今の私たちにすごくぴったりで、メロディも歌詞もすべてが熱い曲になっています。」とコメントしている[19]

2019年12月21日のクリスマスライブで満員の客席に向かって「私たちを少しでも信じてくれる方がこんなにたくさんいるのなら、もっと上を目指して、もっと夢を持っていきたいです」と話した[20]

超ときめき♡宣伝部への改名に際して「私たちが1つステップアップできるいいタイミングの改名だったんだと思います。」と語った[21]

2020年7月18日のZepp Haneda(TOKYO)無観客ライブでは「私たちライブができなくて、悔しい思いもしました。でも、それは今観てくださっているたくさんの宣伝部員さんも同じだと思います。私たちはみんなの力でこのステージに立つことができています。いつも支えてくれて本当にありがとう!」と感謝の気持ちを熱く伝えた[22]

楽曲「恋のジャッカル」について「恋とラグビーを掛けた、かわいくてちょっぴり不思議な恋愛ソングです!歌詞にもラグビー用語を取り入れたり、ハカ風の振付が入っていたりして、いろんな意味で今までになかった曲になっています。」とコメントしている[23]

楽曲「いちず色のベンチ」については「作曲したジンツチハシさんは、これまで私たちの『初恋サイクリング』や『青春ハートシェイカー』も担当してくださってます。ジンツチハシさんの恋愛ソングは個人的に永リピ(永遠にリピート)してしまうくらい好きです。」とコメントしている[24]

同じ埼玉県出身の辻野かなみと「さいたまスーパーアリーナをペーパークラフトでつくり、1日でも早くイベントを再開できる日をみんなで祈ろう」というプロジェクトに参加したことがきっかけとなり、さいたまスーパーアリーナでの無観客ライブ開催が決定した。そのライブのアンコールでは「とき宣の中でもさいたまスーパーアリーナのステージは忘れられない思い出の1つになっていて、今回無観客という形ではありますが、こうやってまたステージに立たせていただいてとってもうれしいです」と「俺の藤井 2016」の思い出を振り返り、「全てのこと 意味があると思える時がくるよ」という「トゥモロー最強説!!」の一節を口ずさむ場面があった[25]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g STARDUST - スターダストプロモーション芸能3部 - 小泉遥香のプロフィール”. スターダストプロモーション. 2017年11月1日閲覧。
  2. ^ 「超ときめき♡宣伝部」小泉遥香と菅田愛貴が朝日奈央&ももクロにドキドキ!?”. ウォーカープラス. 株式会社KADOKAWA (2021年2月9日). 2021年3月7日閲覧。
  3. ^ 小泉遥香(超ときめき▽宣伝部)編”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年5月21日). 2020年11月3日閲覧。
  4. ^ 超ときめき▽宣伝部メンバーがマイブームを暴露「キャラ弁作りにハマっています」”. ENTAME next. 株式会社 徳間書店 (2020年8月26日). 2020年11月3日閲覧。
  5. ^ 2020年12月「LINE BLOG月間MVP」は、“2,000記事”を達成した 超ときめき♡宣伝部 小泉遥香さん! LINE BLOG 運営スタッフブログ 公式ブログ
  6. ^ AM1422kHz ラジオ日本 - 60TRY部(ロクマルトライブ)
  7. ^ 第二回公演『ともだちの数え方』特設サイト
  8. ^ 第三回公演『シーパー』特設サイト
  9. ^ 第四回公演『シーパー REMAKE』特設サイト
  10. ^ ミュージカル『オープニングナイト〜桜咲高校ミュージカル部〜』”. 2021年5月17日閲覧。
  11. ^ @sendenbu_staff (3 June 2021). "ネットショップ作成サービス「BASE」さんのCMに超ときめき♡ピンクおはるが出演しています" (ツイート). Twitterより2021年6月3日閲覧
  12. ^ 超ときめき♡宣伝本部
  13. ^ 「TOUCH」特集 超ときめき♡宣伝部インタビュー”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年1月4日). 2021年1月6日閲覧。
  14. ^ とき宣初ワンマンで2日遅れのXmasパーティ、ユニット継続決定で決意の円陣”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年12月28日). 2020年11月3日閲覧。
  15. ^ ときめき♡宣伝部「むてきのうた」インタビュー”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年6月7日). 2020年11月3日閲覧。
  16. ^ ときめき▽宣伝部、シングル発売日に豊洲でライブ「皆さんと私たちがいれば“むてき”」”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年6月2日). 2020年11月3日閲覧。
  17. ^ ときめき▽宣伝部、ユニバーサルシグマからメジャーデビュー”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年7月18日). 2020年11月3日閲覧。
  18. ^ ときめき♡宣伝部「ときめき♡宣伝部のVICTORY STORY / 青春ハートシェイカー」インタビュー”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年4月9日). 2020年11月3日閲覧。
  19. ^ ときめき♡宣伝部「恋のシェイプアップ♡」インタビュー”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年10月9日). 2020年11月3日閲覧。
  20. ^ 越えたぞサンプラ!とき宣、満員の会場で繰り広げた魔法のクリスマスパーティ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年12月24日). 2020年11月3日閲覧。
  21. ^ 超ときめき♡宣伝部「トゥモロー最強説!!」特集 MV撮影密着レポート&メンバーインタビュー”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年10月3日). 2020年11月3日閲覧。
  22. ^ 「みんなで明日を最強に!」とき宣、未来への希望歌ったZepp Haneda新体制初ライブ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年7月20日). 2020年11月3日閲覧。
  23. ^ 6人組アイドルグループ「超ときめき♡宣伝部」が最強の○○を語る!”. ウォーカープラス. 株式会社KADOKAWA (2020年8月18日). 2020年11月3日閲覧。
  24. ^ 【インタビュー】超ときめき宣伝部「名前に負けないように全力で」新体制で目指す新たな夢【音楽】”. Music Voice. 株式会社アイ・シー・アイ (2020年8月21日). 2020年11月3日閲覧。
  25. ^ とき宣、たまアリのセンターから無観客生配信!宣伝部員と共に帰ってくることを誓う”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年8月25日). 2020年11月3日閲覧。