小浜浄鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小浜浄鉱

小浜 浄鉱(小濱、こはま[要出典] / おばま[1] じょうこう、1886年明治19年)7月[1] - 1948年昭和23年)9月24日[2])は、日本の内務官僚。官選福井県知事台湾総督府内務局長。

経歴[編集]

東京府出身。小濱三次郎の四男として生まれる[1]第二高等学校を卒業。1912年東京帝国大学法科大学経済学科を卒業。内務省に入省し富山県属となる。1913年11月、文官高等試験行政科試験に合格[1][3]

1914年富山県氷見郡長に就任。以後、広島県理事官兵庫県理事官、内務省衛生局保険課長、同社会局社会部福利課長などを歴任[1]

1928年5月、福井県知事に就任。1930年8月に休職となるが、1931年12月に再任された[1]1932年3月、台湾総督府内務局長に転任し、1936年10月まで在任[4]。同年に退官した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』477頁。
  2. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1948年9月25日朝刊、2面の訃報より。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』205頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』129頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。