小浜漁港 (福井県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
遊覧船から見た小浜漁港

小浜漁港(おばまぎょこう)は、福井県小浜市にある第3種漁港である。漁港管理者は福井県。 正式には小浜市津島、西津、甲ヶ崎、仏谷の4つの漁港を指すが、小浜市川崎地区にある新港で小浜港とも言う。

概要[編集]

小浜湾の主要漁港であり、古くから天然の良港として、奈良へ向かう朝鮮半島からの玄関口として、また、江戸時代北前船停泊地である小浜湊として栄えていた[1]若狭湾と小浜湾内から多数の魚介類のほか、魚網により、若狭ぐじアマダイや若狭がれいカレイの名産品が水揚げされる。 小浜漁港内には、競り市が行われる市場のほか、若狭フィッシャーマンズ・ワーフが設置されているほか、蘇洞門めぐり観光遊覧船の発着場、水産物販売や水産物加工場が多数存在する。 また、御食国わかさ小浜食文化館(愛称:マーメードプラザ)が敷地内にあり、日帰り入浴施設浜の湯飲食店がある。

沿革[編集]

明治時代に 3基の波止場を有していたが、昭和初期南川の河川改修により旧河口跡に整備した。当時は観光遊覧船が通過するため可動橋(跳開橋)があった。 1973年(昭和48年)から1988年(昭和63年)にかけて[2]小浜市津島(川崎地区)に新港を整備した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 似内 惠子. “小浜漁港の「みなと文化」第1章 小浜漁港の整備と利用の沿革”. 港文化研究事業. 2016年3月7日閲覧。
  2. ^ 福井県各地の漁港(小浜漁港の沿革)”. 福井県. 2016年3月7日閲覧。

関連項目[編集]