小浜逸郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小浜 逸郎
(こはま いつお)
誕生 (1947-04-15) 1947年4月15日(71歳)
神奈川県横浜市生まれ。
職業 評論家
最終学歴 横浜国立大学工学部建築学科卒業。
活動期間 1981年(昭和56年) -
主題 家族論、学校論、ジェンダー論、差別問題、国家、死、知識人論
デビュー作 『太宰治の場所』(1981年)
公式サイト blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo
テンプレートを表示

小浜 逸郎(こはま いつお、1947年(昭和22年)4月15日 - )は日本の評論家国士舘大学客員教授

来歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ。横浜国立大学教育学部附属横浜中学校[1]、東京教育大学附属駒場高等学校(現筑波大学附属駒場高等学校[2]を経て、横浜国立大学工学部建築学科卒業

中学2年時に父親と死別。母親が副収入のために経営していた塾を、兄と共に一家3人で経営する[3]。大学卒業後、学習塾経営を続けるかたわら、同人誌『ておりあ』を主宰、評論活動を続ける[要出典]。1981年(昭和56年)、処女評論集『太宰治の場所』を出版。1985年(昭和60年)に出版した『学校の現象学のために』以後は、家族論、学校論、ジェンダー論を世に問う。『男が裁くアグネス論争』『男はどこにいるのか』等の著作では、男尊女卑的な思考をはっきりと退けながらも、性差の存在自体は文化を豊かにするものであるとして、フェミニズム批判の論陣を張った[要出典]。その後、差別問題、国家知識人論などについても発言を行う。著書などにおいては、「批評家」の肩書きを用いることが多い[要出典]

2008年(平成20年)4月、当時横浜市長であった中田宏の任命により、横浜市教育委員に就任。2012年(平成24年)度まで務めた。新しい歴史教科書をつくる会中学校歴史教科書(2009年3月検定合格自由社版)を支持し、2009年(平成21年)8月4日、この教科書の採択を推進した[4]。2011年(平成23年)8月4日の採択においても、同様に「新しい歴史教科書をつくる会」系の育鵬社の歴史および公民教科書を支持した[5]

2001年(平成13年)10月より、知識人を講師として招く連続講座「人間学アカデミー」を主宰する[要出典]。2010年(平成22年)の第9期まで開講されたが、第10期以降の開講は未定となっている。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『太宰治の場所』 弓立社1981年12月
  • 『学校の現象学のために』 大和書房1985年12月。ISBN 978-4-479-75013-0。
    • 『学校の現象学のために』 大和書房、1995年4月。ISBN 978-4-479-75031-4。
  • 『方法としての子ども』 大和書房、1987年7月。ISBN 978-4-479-75018-5。
    • 『方法としての子ども』 筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、1996年10月。ISBN 978-4-480-08298-5。
    • 『方法としての子ども』 ポット出版、2006年2月。ISBN 978-4-939015-83-0。
  • 『可能性としての家族』 大和書房、1988年10月。ISBN 978-4-479-75020-8。
    • 『可能性としての家族』 ポット出版、2003年7月。ISBN 978-4-939015-52-6。
  • 『男がさばくアグネス論争』 大和書房、1989年6月。ISBN 978-4-479-72032-4。
  • 『男はどこにいるのか』 草思社1990年11月。ISBN 978-4-7942-0392-2。
    • 『男はどこにいるのか』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、1995年12月。ISBN 978-4-480-03131-0。
    • 『男はどこにいるのか』 ポット出版、2007年4月。ISBN 978-4-7808-0102-6。
  • 『時の黙示』 学芸書林、1991年2月。ISBN 978-4-905640-41-7。
  • 『症状としての学校言説』 JICC出版局1991年4月。ISBN 978-4-7966-0100-9。
  • 『人はなぜ結婚するのか』 草思社、1992年11月。ISBN 978-4-7942-0487-5。
    • 『結婚という決意』 PHP研究所、2007年10月。ISBN 978-4-569-69496-2。
  • 『家族を考える30日』 JICC出版局、1993年1月。ISBN 978-4-7966-0540-3。
  • 『ニッポン思想の首領たち』 宝島社1994年9月。ISBN 978-4-7966-0847-3。
  • 『中年男性論』 筑摩書房、1994年10月。ISBN 978-4-480-85677-7。
  • 『先生の現象学』 世織書房、1995年3月。ISBN 978-4-906388-21-9。
  • 『正しく悩むための哲学 生きる自信を手にする処方箋』 PHP研究所、1995年4月。ISBN 978-4-569-54720-6。
    • 『正しく悩むための哲学 生きる自信を手にする14のヒント』 PHP研究所〈PHP文庫〉、2000年5月。ISBN 978-4-569-57408-0。
  • 『オウムと全共闘』 草思社、1995年12月。ISBN 978-4-7942-0676-3。
  • 『人生と向き合うための思想・入門』 洋泉社、1996年9月。ISBN 978-4-89691-230-2。
  • 『癒しとしての死の哲学』 王国社、1996年11月。ISBN 978-4-900456-44-0。
    • 『癒しとしての死の哲学』 王国社、2002年3月。ISBN 978-4-900456-97-6。
    • 『癒しとしての死の哲学』 洋泉社〈MC新書 037〉、2009年7月。ISBN 978-4-86248-390-4。
  • 『現代思想の困った人たち』 王国社、1997年2月。ISBN 978-4-900456-55-6。
  • 『大人への条件』 筑摩書房〈ちくま新書〉、1997年7月。ISBN 978-4-480-05717-4。
  • 『子どもは親が教育しろ!』 草思社、1997年7月。ISBN 978-4-7942-0768-5。
  • 『14歳 日本の子どもの謎』 イースト・プレス1997年11月。ISBN 978-4-87257-121-9。
  • 『この国はなぜ寂しいのか 「ものさし」を失った日本人』 PHP研究所、1998年2月。ISBN 978-4-569-55991-9。
  • 『無意識はどこにあるのか』 洋泉社、1998年7月。ISBN 978-4-89691-325-5。
  • 『いまどきの思想、ここが問題。』 PHP研究所、1998年9月。ISBN 978-4-569-60203-5。
  • 『吉本隆明 思想の普遍性とは何か』 筑摩書房〈戦後思想の挑戦〉、1999年3月。ISBN 978-4-480-84732-4。
  • 『これからの幸福論』 時事通信社1999年7月。ISBN 978-4-7887-9922-6。
  • 『「弱者」とはだれか』 PHP研究所〈PHP新書 083〉、1999年8月。ISBN 978-4-569-60726-9。
  • 『なぜ人を殺してはいけないのか 新しい倫理学のために』 洋泉社〈新書y 010〉、2000年7月。ISBN 978-4-89691-474-0。
    • 『なぜ人を殺してはいけないのか 新しい倫理学のために』 PHP研究所〈PHP文庫 こ26-2〉、2014年7月。ISBN 978-4-569-76203-6。
  • 『「男」という不安』 PHP研究所〈PHP新書 150〉、2001年4月。ISBN 978-4-569-61417-5。
  • 『人生を深く味わう読書』 春秋社2001年11月。ISBN 978-4-393-33211-5。
  • 『人はなぜ働かなくてはならないのか 新しい生の哲学のために』 洋泉社〈新書y 064〉、2002年6月。ISBN 978-4-89691-641-6。
  • 『死の哲学』 世織書房、2002年8月。ISBN 978-4-906388-90-5。
  • 『頭はよくならない』 洋泉社〈新書y 082〉、2003年3月。ISBN 978-4-89691-712-3。
  • 『「恋する身体」の人間学』 筑摩書房〈ちくま新書 392〉、2003年6月。ISBN 978-4-480-05992-5。
  • 『なぜ私はここに「いる」のか 結婚・家族・国家の意味』 PHP研究所〈PHP新書 267 人間学アカデミー 1〉、2003年10月。ISBN 978-4-569-63137-0。
  • 『やっぱりバカが増えている』 洋泉社〈新書y 096〉、2003年10月。ISBN 978-4-89691-762-8。
  • 『エロス身体論』 平凡社〈平凡社新書 225〉、2004年5月。ISBN 978-4-582-85225-7。
  • 『正しい大人化計画 若者が「難民」化する時代に』 筑摩書房〈ちくま新書 488〉、2004年9月。ISBN 978-4-480-06188-1。
  • 『善悪ってなに?働くってどんなこと? 14歳からのライフ・レッスン』 草思社、2005年3月。ISBN 978-4-7942-1393-8。
  • 『人生のちょっとした難問』 洋泉社〈新書y 137〉、2005年7月。ISBN 978-4-89691-934-9。
  • 『「責任」はだれにあるのか』 PHP研究所〈PHP新書 367 人間学アカデミー 4〉、2005年10月。ISBN 978-4-569-64627-5。
  • 『死にたくないが、生きたくもない。』 幻冬舎〈幻冬舎新書 こ-1-1〉、2006年11月。ISBN 978-4-344-98005-1。
  • 『人はなぜ死ななければならないのか』 洋泉社〈新書y 169〉、2007年2月。ISBN 978-4-86248-114-6。
  • 『言葉はなぜ通じないのか』 PHP研究所〈PHP新書 473 人間学アカデミー 5〉、2007年8月。ISBN 978-4-569-69277-7。
  • 『「死刑」か「無期」かをあなたが決める 「裁判員制度」を拒否せよ!』 大和書房、2009年4月。ISBN 978-4-479-39190-6。
  • 『子供問題 学校、家族、メディアに見る子供をめぐる矛盾』 ポット出版、2009年12月。ISBN 978-4-7808-0136-1。
  • 『大人問題 目標喪失した社会を正しく生きるために』 ポット出版、2010年2月。ISBN 978-4-7808-0141-5。
  • 『人はひとりで生きていけるか 「大衆個人主義」の時代』 PHP研究所、2010年10月。ISBN 978-4-569-79307-8。
  • 『日本の七大思想家 丸山眞男/吉本隆明/時枝誠記大森荘蔵小林秀雄和辻哲郎福澤諭吉』 幻冬舎〈幻冬舎新書 こ-1-2〉、2012年11月。ISBN 978-4-344-98289-5。
  • 『13人の誤解された思想家』 PHP研究所、2015年1月。ISBN 978-4-569-82682-0。
  • 『デタラメが世界を動かしている』 PHP研究所、2016年5月。ISBN 978-4-569-83040-7。
  • 『福澤諭吉 しなやかな日本精神』 PHP研究所、2018年5月。ISBN 978-4-569-84050-5。

共著[編集]

  • 小阪修平共編 『家族の時代 フィールドワーク・シリーズII』 五月社、1985年5月
  • 芹沢俊介村瀬学清水真砂子最首悟共著 『家族の現在』 大和書房、1986年5月。ISBN 978-4-479-75015-4。
  • 竹田青嗣共著 『力への思想』 学芸書林、1994年9月。ISBN 978-4-87517-008-2。
  • 山田太一共著 『幸福になれない理由(わけ)』 PHP研究所、1998年1月。ISBN 978-4-569-55885-1。
  • 林道義共著 『間違えるな日本人! 戦後思想をどう乗り越えるか』 徳間書店1999年6月。ISBN 978-4-19-861022-7。
  • 佐藤幹夫共著 『中年男に恋はできるか』 洋泉社、2000年3月。ISBN 978-4-89691-453-5。
  • 櫻田淳共著 『「弱者」という呪縛 戦後のタブーを解き放て!』 佐藤幹夫 司会・構成、PHP研究所、2001年6月。ISBN 978-4-569-61663-6。
  • 佐伯啓思・竹田青嗣・長谷川三千子共著 『自由は人間を幸福にするか 小浜逸郎主宰「人間学アカデミー」シンポジウム』 ポット出版、2007年5月。ISBN 978-4-7808-0103-3。

訳書[編集]

  • 親鸞唯円 著 『歎異抄 新訳 「絶対他力」の思想を読み解く』 小浜逸郎 訳、PHP研究所2012年11月。ISBN 978-4-569-80737-9。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小浜 2003a, pp. 105-107
  2. ^ 小浜 2003a, p. 111
  3. ^ 小浜 2003a, pp. 110-111
  4. ^ 2009年8月5日付「神奈川新聞
  5. ^ 2011年08月05日,朝日新聞神奈川版