小深作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 埼玉県 > さいたま市 > 見沼区 > 小深作
小深作
■小深作の位置(埼玉県内)
■小深作
小深作
小深作の位置
北緯35度56分28.8秒 東経139度40分4.99秒 / 北緯35.941333度 東経139.6680528度 / 35.941333; 139.6680528
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
見沼区
地域 Omiya Saitama chapter.jpg大宮地区
人口
2017年(平成29年)9月1日現在)[1]
 • 合計 5,940人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
337-0005[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮

小深作(こふかさく)は、埼玉県さいたま市見沼区大字郵便番号は337-0005[2]。本項では同地域にかつて存在した北足立郡小深作村(こふかさくむら)についても記す。

地理[編集]

さいたま市見沼区北東部の大宮台地上に位置する。東で宮ヶ谷塔深作飛地)、西で堀崎町島町春岡、南で風渡野東門前(飛地)、北で深作に隣接する。町域は主に住宅地だが耕作地も混在する。

町域の東部を見沼代用水東縁、町域の中央部を埼玉県道322号東門前蓮田線が縦貫する。見沼代用水東縁に沿って緑のヘルシーロードが整備されている。また、町域の南部を東武野田線(東武アーバンパークライン)が横断する。また、埼玉県道2号さいたま春日部線が見沼代用水と交差する半縄橋で僅かに掠める。七里駅が至近に所在するため、春岡地区に属しながら七里地区と一体で把握される場合もある。

縄文時代後期の小深作遺跡と称する縄文遺跡がある[4][5]

河川[編集]

地価[編集]

国土交通省地価公示

  • 所在及び地番:大字小深作字小深作前466番25
  • 価格:106,000円/m2
  • 利用現況:住宅

歴史[編集]

小深作村
廃止日 1893年9月23日
廃止理由 新設合併
丸ヶ崎村小深作村深作村宮ヶ谷塔村春岡村
現在の自治体 さいたま市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
北足立郡
総人口 321
(埼玉県市町村誌、1889年
隣接自治体 深作村、宮ヶ谷塔村、風渡野村大砂土村
小深作村役場
所在地 埼玉県北足立郡小深作村
 表示 ウィキプロジェクト

地名の由来[編集]

深作と同様に綾瀬川の狭間の場所であることから[5]。また、台地が突き出した場所であることから。

沿革[編集]

もとは江戸期より存在した武蔵国足立郡南部領に属する小深作村であった[5]。村高は正保年間の『武蔵国田園簿』では329余(田178石余、畑151石余)、『元禄郷帳』では348石余、『天保郷帳』では350石余であった[5]助郷は日光御成街道岩槻宿に出役していたが、寛保宝暦年間は中山道大宮宿にも出役していた[5]化政期の世帯数は39軒で、村の規模は東西7町、南北3町余であった[5]

小深作村に存在していた小字[編集]

  • 小深作前・藤十郎原・程島・中島・半縄・鍛冶屋敷・小山[13]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
小深作 2,645世帯 5,940人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[14]

番地 小学校 中学校
全域 さいたま市立春岡小学校 さいたま市立春里中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

地域[編集]

県営住宅
  • 大宮小深作はるさと住宅 - 通称名:県営大宮小深作はるさと住宅団地
市営住宅
  • 春岡住宅
マンション

公園・緑地[編集]

  • 小深作公園
  • 小深作北公園
  • 小深作第二公園
  • 小深作前公園
  • 中島第二公園
  • 小深作自然の森
  • 春里自然の森

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』957頁。
  5. ^ a b c d e f g h 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』377-378頁。
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1420頁。
  8. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』704頁。
  9. ^ 学校概要 - さいたま市立春里中学校.2019年7月23日閲覧。
  10. ^ 『大宮のむかしといま』資料-29頁。
  11. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』増補5-6頁。
  12. ^ a b さいたま市 区政概要(平成26年度版) (PDF)”. さいたま市. pp. 6-7 (2014年8月). 2019年7月23日閲覧。
  13. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1387頁。
  14. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104。
  • 『大宮のむかしといま』大宮市、1980年11月3日。全国書誌番号:81007009NCID BN03449939
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目[編集]