小澤寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おざわ かん
小澤 寛
生年月日 (1949-09-27) 1949年9月27日(70歳)
出生地 岐阜県
身長 172cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1975年 -
事務所 OfficeKAN
テンプレートを表示

小澤 寛(おざわ かん、1949年9月27日 - )は、日本俳優である。岐阜県出身。身長172cm、体重61Kg、血液型A型。

来歴[編集]

高校卒業後、阪急交通社に入社し、24歳で俳優修業に転身。1975年、全映名古屋第1回新人発表会で初舞台。その後、当時全映講師の舟木淳の指導で劇団グルッペNを深山義夫らと創立。退団後、1981年に木崎裕次らと演劇人冒険舎を立ちあげ、1997年の退団まで17年間、主演俳優の他、マスコミ出演や劇団内の演出も行なった[1]。他劇団への客演、舞踊、オペラ・合唱劇への出演、演出なども行う。

名古屋放送芸能家協議会会員[2]、ミュージカルユニット『宙の会』顧問、名古屋演奏家ソサエティー顧問、劇団味増田楽顧問、岡崎女子短期大学児童文化研究部指導[3]1998年(平成10年)に第3回松原英治・若尾正也記念演劇賞受賞[4]

2011年4月30日にグレート家康公「葵」武将隊を結成し、徳川家康役を[3]、2014年6月1日まで務める[5]。 2014年、OfficeKANを立ち上げ、第一回自己プロデュース公演「授業」開催。2015年レジェンド家康公天下泰平組をhttp://legendieyasukou.com/結成、武将隊として活動。2016年第二回プロデュース公演「陽なたの干しぶどう」開催。2017年第三回プロデュース公演「日本一不味い店」開催。2018年第四回プロデュース公演 戦国ミュージカル「覇王の子」開催。名古屋芸術大学非常勤講師。

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 天満屋心中(名古屋市北文化小劇場、2005年)
  • 池鯉鮒宿祭乃縁(名古屋市青少年文化センター、2005年)
  • 池鯉鮒宿祭乃縁(知立市文化会館、2006年)
  • 12人の怒れる男(名古屋市千種文化小劇場、2010年)
  • 市民音楽劇「万灯の輝く夜に」(刈谷市総合文化センター、2010年)
  • ミュージカル「海の向こうに」(名古屋市青少年文化センター、2010年)
  • ゴッホのためのレクイエム(名古屋市芸術創造センター、2011年)
  • おんな忠臣蔵(名古屋市芸術創造センター、2011年)
  • ROAD〜この命徳川のために〜(岡崎市せきれいホール、2012年)
  • テミスの剣(名古屋市東文化小劇場、2013年)
  • ROAD2〜小牧・長久手の戦い〜(岡崎市せきれいホール、2014年)
  • 授業七ツ寺共同スタジオ、2014年)
  • 蘭丸燃ゆ(可児市文化創造センター、2014年)
  • 痛快!川上貞奴一座(やっとかめ文化祭、2014年)
  • ライト・イン・ザ・ピアッツァ(名古屋市青少年文化センター、2015年)

*てぃんさぐの花(名古屋東文化小劇場、2015年)

*ミュージカルきみのために散る(名古屋市芸術創造センター、2015年)

*陽なたの干しぶどう(名古屋千種文化小劇場、2016年)

*ルームサービス(名古屋西文化小劇場、2016年)

*国民文化祭あいち開会式(愛知県芸術劇場、2016年)

*オペレッタ閻魔街道夢ん中(名古屋市芸術創造センター、2016年)

*戦争を語り継ぐ演劇公演 噂(名古屋東文化小劇場、2017年)

*戦争を語り継ぐ演劇公演 約束(名古屋東文化小劇場、2017年)

映画[編集]

  • 幸福な結末(2012年)[6]

CM[編集]

  • 愛知トヨタ
  • 八十二銀行
  • 愛知銀行
  • 株式会社 コパン

脚注[編集]

  1. ^ 過去に上演した作品 全上演作品”. 演劇人冒険舎 (2014年9月28日). 2015年1月5日閲覧。
  2. ^ 会員プロフィール 小澤 寛”. 名古屋放送芸能家協議会 (2014年6月27日). 2015年1月5日閲覧。
  3. ^ a b 「葵」武将隊 隊員8人が決まる”. FMおかざき (2013年4月17日). 2013年4月13日閲覧。
  4. ^ 松原・若尾演劇賞”. 名演ウェブ (2013年2月14日). 2013年4月13日閲覧。
  5. ^ “岡崎の武将隊、家康公交代式-新家康は兵庫県出身・知多在住の介護士”. 岡崎経済新聞. (2014年6月2日). http://okazaki.keizai.biz/headline/1175/ 2014年6月2日閲覧。 
  6. ^ キャスト”. 2013年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月12日閲覧。