小熊捍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小熊 捍[1]
人物情報
生誕 1886年8月24日[1]
日本の旗 日本 東京府赤坂区[1]
死没 (1971-09-10) 1971年9月10日(85歳没)[1]
出身校 東北帝国大学農科大学[1]
学問
研究分野 昆虫学細胞学遺伝学
称号 農学博士[1]
主な受賞歴 紫綬褒章[1]
テンプレートを表示

小熊 捍(おぐま まもる、1886年8月24日 - 1971年9月10日)は、日本昆虫学者(農学博士)。

経歴[編集]

東京都出身。中学時代に松村松年に刺激を受け、1903年東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)卒業、札幌農学校に進学。1911年東北帝国大学農科大学卒業[1]後、農業生物学教室教員となる。1922年から2年間イギリスドイツベルギー留学[2]1929年八田三郎教授の定年退職に伴い、北海道帝国大学農学部動物学昆虫学養蚕学第一講座教授に就任したが、翌1930年に、同大学に新設された理学部動物学科教授に移動し、第一講座の後任には犬飼哲夫が就任した[3]トンボの研究の権威として知られた。北海道帝国大学理学部長、北海道帝国大学低温科学研究所長、北海道帝国大学厚岸臨海実験所施設長、北海道帝国大学触媒研究所(現・北海道大学触媒科学研究所)施設長、国立遺伝学研究所長(初代)、札幌新交響楽団後援会長などの要職を歴任した。1955年退官[2]1963年紫綬褒章受章[1]

昆虫学、細胞学遺伝学の分野で多くの業績を残したが、中でも「蜻蛉複眼の組織学的研究」(1919年)や、木原均(北海道帝国大学農学部卒業、のちに京都大学教授)と共同で行った「人類の染色体に関する研究」(1922年)は独創的な研究として高く評価されている[4]日本軍に依頼し、捕らえられた中国東北部の抗日武装活動家(いわゆる匪賊)の睾丸を入手、その染色体を観察し、1937年6月アメリカ合衆国の科学雑誌に論文を発表した[5][6]

さっぽろ・ふるさと文化百選に選定されていた小熊の自宅(F・L・ライトの弟子であった田上義也1929年(昭和4年)に設計)は札幌市中央区南1西20にあったが、解体後1998年(平成10年)藻岩山のふもとの中央区伏見5丁目に移築され、観光名所(2017年11月まではろいず珈琲館が営業、2018年4月以降はフライ・フィッシングプロショップのドリーバーデンが営業)になっている[7]山階芳麿の指導教官としても知られる。有島武郎[1]早川三代治と親交があった。

主な著書[編集]

旧小熊邸(2015年5月)
  • 「動物細胞學實驗法」[1]『生物學實驗法講座〔8〕動物組織學實驗法』建文館、1937年-1938年
  • 『虫の進軍』北方出版社、1946年10月
  • 『国立遺伝研究所設立の急務 人的資源・食料生産拡充・及び民族強化問題解決の根本方策』自家出版、1939年[8]
  • 『桃栗三年』[1]内田老鶴圃、1957年日本エッセイスト・クラブ賞受賞
  • 『雀の食堂』[1]講談社、1966年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 小熊 捍 オグマ マモル”. 20世紀日本人名事典. 日外アソシエーツ (2014年). 2018年8月14日閲覧。
  2. ^ a b 吉田俊秀. “小熊捍 おぐままもる(1885―1971)”. 日本大百科全書. 小学館. 2018年8月14日閲覧。
  3. ^ 朝比奈英三 (1982-07-25). 北大農学部の動物学と北海道. 北海道大学. 865-880. [1]
  4. ^ 観察眼・審美眼の人 小熊捍[2]
  5. ^ 過山博士の本棚から #5 遺伝学者の光と影”. 北海道大学高等教育推進機構高等教育研究部科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP) (2018年7月12日). 2018年8月30日閲覧。
  6. ^ 北大教授、戦時下に人体実験 中国人から摘出の睾丸で”. 北海道新聞 (2018年8月14日). 2018年8月14日閲覧。
  7. ^ 旧小熊邸”. 札幌市 (2018年8月21日). 2018年8月31日閲覧。
  8. ^ 国立遺伝研究所設立の急務 人的資源・食料生産拡充・及び民族強化問題解決の根本方策”. 国立国会図書館. 2018年8月14日閲覧。