小田井涼平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おだい りょうへい
小田井 涼平
別名義 涼平(旧芸名)
生年月日 (1971-02-23) 1971年2月23日(50歳)
出生地 大阪府大阪市此花区
出身地 兵庫県川西市
国籍 日本の旗 日本
身長 188 cm[1]
血液型 A型
職業 俳優声優モデル歌手
ジャンル 映画ドラマアニメ歌謡曲
活動期間 1990年代 -
活動内容 2002年:『仮面ライダー龍騎
2003年:『機動戦士ガンダムSEED
2005年:小田井涼平に改名
2007年純烈のメンバーとして
配偶者 LiLiCo
事務所 G-STAR.PRO
公式サイト 小田井涼平 純烈 Official Web
主な作品
仮面ライダー龍騎
機動戦士ガンダムSEED
テンプレートを表示

小田井 涼平(おだい りょうへい、1971年2月23日 - )は、日本俳優声優大阪市此花区生まれ、兵庫県川西市育ち。G-STAR.PRO所属。

身長188cm[1]、体重80kg[1]、A型[1]。歌謡グループ・純烈のコーラスとしても活動している。旧芸名は涼平(りょうへい)。妻はタレントLiLiCo[2]

略歴

神戸学院大学法学部卒業後、家電メーカー(営業職)に就職したが、仙台での勤務を命じられたのを機に、見知らぬ町で友人を作るために涼平の名でモデル活動を開始した[3]。会社勤務と並行しながらJA東北や山形新聞など地場大手企業のCMに出演、やがてモデルの面白さに魅かれ、会社を退職。東京に居を移し、男性向けファッション雑誌『Gainer』や各ブランドの発表会などで活躍する。当時の生年月日は1973年2月23日と記されていたが、これは『仮面ライダー龍騎』のオーディションの応募条件が30歳未満だったことから、2歳サバを読んでオーディションを受けた事情によるものである。

2002年、テレビドラマ『仮面ライダー龍騎』のメインキャラクターである北岡秀一 / 仮面ライダーゾルダ役で俳優デビューを果たす。以降は俳優として、テレビドラマやCMでの出演が増え、2005年10月に、モデル専門の小規模事務所であるスタッフ21からフロム・ファーストプロダクションに移籍。その際に、「ファーストネームだけの芸名では俳優活動には不便」という理由から、芸名を小田井涼平に改名。その後、G-STAR.PRO所属し現在に至る。

2007年酒井一圭の誘いで歌謡コーラス・グループ純烈のメンバーとなる。純烈として2010年に「涙の銀座線」でユニバーサルレコードよりメジャーデビュー。2018年にNHK紅白歌合戦に初出場を果たした。

2018年4月2日、純烈としてゲスト出演した「ノンストップ!」の生放送中に、同番組のレギュラー出演者であるLiLiCoと2017年に婚姻届を提出していたことを発表した[2]。2019年7月27日、LiLiCoの故郷のスウェーデンストックホルムで挙式[4]。結婚式の様子はTBS系『日立 世界ふしぎ発見!』のスウェーデン特集内でオンエアされた[4]。2020年11月には「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2020」を受賞し、東京都内で開催された発表会に夫妻で出席した[5]

人物

出演

テレビドラマ

イベント

  • ポップカルチャーの祭典「東京コミコン2020」(2020年12月4日 - 6日) - 夫妻でメインMCを担当[9]

映画

舞台

  • 劇団たいしゅう小説家「白い嘘」(2003年)
  • 劇団I-CHI-MI「どれミゼラブル」(2004年)
  • 夜叉ヶ池」(2004年)
  • 「下駄とチャペルとフォークギター」(2005年)
  • 「1945年の忠臣蔵」(2005年)
  • 「KABUKU」(2006年)
  • 劇団コーンフレークス旗揚げ公演「センチメンタルヤスコ」(2006年)
  • 「Mama Loves Mambo 4」(2006年)
  • 「雨に笑えば〜Smill'in in The Rain」(2007年)
  • Tomotakaプロデュース「犬神戦記」(2007年8月31日 - 9月2日、シアターVアカサカ)
  • switch」(2007年)
  • 「トライフル」(2008年)
  • TUFF STUFF Presents「ホスピタルビルド」(2008年)
  • ベニバラ兎団公演「7@dash〜僕らの人生はいつもA'だった…」(2008年)
  • 劇団たいしゅう小説家COMEDY TRAIN 2号「オープン・The・Show」(2008年)
  • G&Gアクターズファクトリープロデュース「…from the moonlight〜月からの贈り物〜」(2008年)
  • TUFF STUFF×X-QUEST「森の風子」(2008年)
  • 劇団たいしゅう小説家COMEDY TRAIN MINI PLAY「サダオのサダメ」(2008年)
  • 「リズミックタウン」(2008年)
  • 「苦情の手紙」(2009年)
  • 日仏交流150周年記念公演「ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット」(2009年9月5日 - 12日、日本青年館、脚本・演出:西田大輔) - シャルル・ジドレール 役
  • 「かもめ〜愛を紡ぐ人」トリゴーリン役(2010年)
  • bpm公演「ジッパー!」(2010年)
  • RAGTIME S&D「NEW WORLD」(2011年)
  • bpm公演「池田屋チェックイン」(2011年) - 近藤勇 役
  • 舞台「戦国BASARA2」(2012年) - 豊臣秀吉 役
  • 舞台「ライン」(2012年) - ゴウダ(業田毅) 役

テレビアニメ

OVA

  • switch(2008年) - 葛谷将兵 役

ゲーム

CM

雑誌

  • フィギュア王「涼平虫が今日も行く!」(2003年 - 2004年、コラム連載)
  • 電撃ホビーマガジン「ダブルRのオリジナルガンダマイズミッション」(2003年 - 2005年、コラム連載) - 空山竜司との共著
  • 東映ヒーローMAX「緑ときどきヒゲ」「対義×名文」(2003年 - 2006年、コラム連載) - 弓削智久との共著
  • 電撃ホビーマガジン「涼平のナンダ?マイズミッション」(2005年 - 2007年、コラム連載)
  • 宇宙船「小田井涼平のMy Favorite Toy」(2008年 - 連載中、コラム連載)

ドラマCD

その他

  • COMPLETE SELECTION MODIFICATION V BUCKLE(2018年12月、玩具) - 北岡秀一 / 仮面ライダーゾルダ 役

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g プロフィール | 純烈 Official Website
  2. ^ a b “LiLiCoが結婚 純烈の小田井と番組でナマ発表”. デイリースポーツ. (2018年4月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/04/02/0011125674.shtml 2018年4月2日閲覧。 
  3. ^ 純烈・小田井涼平「一度は断ったものの決断した理由は」|芸能|婦人公論.jp” (日本語). 婦人公論.jp. 2021年1月21日閲覧。
  4. ^ a b LiLiCoと純烈・小田井涼平が結婚した理由「40代で出会えたのは運命だった」|芸能|婦人公論.jp” (日本語). 婦人公論.jp. 2021年1月21日閲覧。
  5. ^ 時事ドットコムニュース (2020年11月10日). “小田井涼平&LiLiCoが「いい夫婦」受賞 「一緒に過ごす時間が増えた」”. 2010年11月11日閲覧。
  6. ^ レッカ社 『語ろうシャア!』 カンゼン、2004年
  7. ^ a b “「超スーパーヒーロー大戦」に北岡秀一、陣マサト、空蝉丸、八雲が登場”. 映画ナタリー. (2017年2月23日). http://natalie.mu/eiga/news/221988 2017年2月23日閲覧。 
  8. ^ “高岡早紀、『リカ』第2弾で“自称28歳”最恐の母親役 「怖いもの見たさ気分で楽しんで」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年2月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2184871/full/ 2021年3月26日閲覧。 
  9. ^ ポップカルチャーの祭典「東京コミコン2020」” (2020年12月6日). 2020年12月6日閲覧。
  10. ^ “純烈が戦隊ヒーロー映画で主演「スーパー戦闘 純烈ジャー」今秋公開、特報解禁”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年2月1日). https://natalie.mu/eiga/news/414572 2021年2月2日閲覧。 
  11. ^ DCD_GANBARIDEの2021年3月21日のツイート2021年3月22日閲覧。