小田光康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小田 光康(おだ みつやす、1964年[1] - )は明治大学情報コミュニケーション学部准教授。元PJニュース編集長。[2]

Deloitte & Toucheスタッフ[3]共同通信記者[4]ロイター通信社契約記者[4]ブルームバーグ契約記者[3]を経て、PJニュース編集長[3]。PJニュース倒産後に、朝日新聞AERAでの勤務を経て明治大学情報コミュニケーション学部准教授[5]。都立荻窪高校卒業。麻布大学環境保健学部卒業。東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了(社会情報学)、同教育学研究科博士課程修了単位取得満期退学(教育学)[3]

人物[編集]

  • 2015年4月 - 東京農工大学 農学部附属国際家畜感染症防疫研究教育センター 参与研究員
  • 2015年4月 - 明治大学 感染症情報分析センター センター長
  • 2012年1月 - Around The Rings Tokyo Bureau Correspondent
  • 2012年1月 - 2013年3月 朝日新聞出版 アエラ編集部 記者
  • 2006年11月 - 2013年3月(株)PJニュース 代表取締役
  • 2004年1月 - 2006年10月 ライブドア メディア事業部 ライブドアPJニュース編集長
  • 1997年9月 - 2003年12月 Bloomberg News Tokyo Bureau Reporter
  • 1996年10月 - 1997年6月 The Reuters Tokyo Bureau Photographer
  • 1994年9月 - 1996年10月 (社)共同通信社 外信部 アトランタ支局員
  • 1990年9月 - 1994年7月 Deloitte & Touche Management Consulting Consultant

麻布大学卒業後、アメリカ留学。その後、Deloitte Touche Tohmatsuで会計コンサルタントを経験。勤務中にMBAを取得をした。その後、日本国内で契約記者として活動しながら、東京大学大学院へ進学。研究テーマは「ジャーナリズム教育」。修了後、ベンチャーメディアPJニュースを設立。倒産後、デジタルハリウッド大学や早稲田大学で兼任講師を勤め、明治大学准教授へ着任。


著書[編集]

  • 『パブリック・ジャーナリスト宣言。』(朝日新書 82) 朝日新聞社 2007年11年 ISBN 4022731826 単著
  • 『「スポーツジャーナリスト」という仕事』 出版文化社、2005年4月。ISBN 4-883383024 単著
  • 『実践ジャーナリスト養成講座』 平凡社、2004年2月。ISBN 4-582-73829-X 部分執筆
  • 『論争 いま、ジャーナリスト教育』 東京大学出版会、2003年4月。ISBN 978-4130530132 部分執筆

脚注[編集]