小田切光有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
小田切光有
時代 戦国時代-江戸時代初期
生誕 不明
死没 寛永16年7月27日1639年8月26日[1]
別名 彌惣[1]
戒名 了無[1]
主君 徳川家康徳川頼宣
氏族 小田切氏
父母 父:小田切光永[1]
横山一重娘[1]
有正、有勝[1]

小田切 光有(おだぎり みつあり)は、戦国時代から江戸時代初期の武士徳川氏家臣

経歴・人物[編集]

浜松にて徳川家康に拝謁する[1]。400石を賜い、家康が駿府に移る際、従う[1]。のち徳川頼宣に仕える[1]寛永16年7月27日1639年8月26日紀伊国和歌山藩にて死す[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 寛政重修諸家譜』巻第三百九十五