小田切政純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小田切 政純
生誕 1866年3月28日
日本の旗 日本 長野県
死没 (1940-06-07) 1940年6月7日(74歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1891年 - 1929年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―中将.svg 陸軍中将
テンプレートを表示

小田切 政純(おだぎり まさずみ、慶応2年2月12日1866年3月28日[1] - 1940年昭和15年)6月7日[2])は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。位階勲等は正四位勲二等功四級[3]

経歴・人物[編集]

長野県平民小田切与平の長男として生まれる[4]1900年明治33年)4月家督を継ぐ[1]

1891年(明治24年)7月に陸軍士官学校第2期卒業後、翌年3月に陸軍歩兵少尉に任官する[1][5][6]。のち、1902年(明治35年)陸軍大学校第16期を優等で卒業し、歩兵第40連隊附となり、1912年(明治45年)3月に鳥取連隊区司令官・陸軍歩兵大佐となる[1][5]

そののち、1912年大正元年)9月に歩兵第39連隊長、1913年(大正2年)8月に第10師団参謀長を経て、1914年(大正3年)8月に在ロシア大使館武官となり、ウラジオストクに渡りロシアの軍事を調査[1][5]。その功により勲四等功四級を叙勲する[1]

さらに、1916年(大正5年)8月に陸軍少将1917年(大正6年)1月に参謀本部附、同年5月に歩兵第15旅団長を経て、1921年(大正10年)6月に陸軍中将に昇進と同時に待命、同年10月に予備役に編入[4][5][7]1929年昭和4年)4月に後備役に編入した[3][8]

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『人事興信録』第4版、を11頁
  2. ^ 『日本陸軍将官辞典』190頁。
  3. ^ a b c d e f 『陸軍後備役将校同相当官服役停年名簿』、昭和6年4月1日調。
  4. ^ a b 『人事興信録』第6版、を16頁
  5. ^ a b c d 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』98頁。
  6. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』96頁。
  7. ^ a b 『人事興信録』第8版、お29頁
  8. ^ 『人事興信録』第10版 上、お33頁
  9. ^ 『官報』第2707号「叙任及辞令」1892年7月7日。
  10. ^ 『官報』第3498号「叙任及辞令」1895年3月1日。
  11. ^ 『官報』第5920号「叙任及辞令」1903年3月31日。
  12. ^ 『官報』第7460号「叙任及辞令」1908年5月12日。
  13. ^ 『官報』第8666号「叙任及辞令」1912年5月11日。
  14. ^ 『官報』第5824号「叙任及辞令」1902年12月1日。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、人事興信所、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第6版、人事興信所、1921年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、人事興信所、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第10版 上、人事興信所、1934年。