小田切昌倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
小田切昌倫
時代 江戸時代中期
生誕 寛文9年(1669年
死没 宝暦3年12月20日1754年1月13日[1]
別名 治大夫[1]
戒名 紹蘤[1]
幕府 江戸幕府 書物奉行
主君 徳川家綱
氏族 小田切氏
父母 父:小田切知義、母:高林昌近の娘[1]
兄弟 女子(太田好孝の妻)、某(早世。多賀之助)、女子(平岡道弘の妻)、昌倫[1]
佐野政時の娘[1]
女子(浅岡政道の妻)、女子、女子、昌行[1]

小田切 昌倫(おだぎり まさとも)は、江戸時代中期の武士徳川氏家臣

経歴・人物[編集]

延宝4年6月5日1676年7月15日)、8歳の時に徳川家綱に初めて拝謁する[1]元禄12年12月9日1700年1月28日)家督を継ぐ[1]元文5年9月16日1740年11月5日書物奉行となり、寛延3年11月30日1750年12月28日)老いを理由に職を辞す[1]。その際、黄金2枚を賜う[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 寛政重修諸家譜』、巻第三百九十四。