小田原市議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小田原市議会
紋章もしくはロゴ
種類
種類
役職
議長
奥山孝二郎(公明党)
副議長
大川裕(誠風)
構成
定数 27
院内勢力
  誠風 (9)
  新生クラブ(4)
  公明党 (4)
  志民の会 (6)
  日本共産党 (3)
  無所属(1)
選挙
大選挙区制
前回選挙
2019年4月21日
議事堂
Odawara City Hall.JPG
神奈川県小田原市荻窪300番地
ウェブサイト
小田原市議会

小田原市議会(おだわらしぎかい)は、神奈川県小田原市に設置されている地方議会である。

概要[編集]

会派[編集]

会派名 議席数 議員名(◎は代表) 所属党派
志民の会 6 ◎安野裕子、武松忠、鈴木美伸、木村正彦、鈴木敦子、川久保昌彦 無所属
日本共産党 3 ◎田中利恵子、横田英司、岩田泰明 日本共産党
新生クラブ 4 ◎俵鋼太郎、鈴木紀雄、清水隆男、小谷英次郎 国民民主党無所属
公明党 4 ◎楊隆子、奥山孝二郎、荒井信一、金崎達 公明党
誠風 9 ◎加藤仁司、大川裕、井上昌彦、篠原弘、鈴木和宏、神戸秀典、角田真美、池田彩乃、宮原元紀 自由民主党無所属
無会派 1 杉山三郎 無所属
欠員 0
27

(2019年5月17日現在[1]

委員会[編集]

議会運営委員会[編集]

議会運営委員会は、円滑な議会の運営を図るため、議事運営に関する事項や議長の諮問に関する事項について協議委員会である。

常任委員会[編集]

常任委員会はより少人数で専門的に行なうために、市の仕事全体を大きく4つに分け、関係する議案や請願・陳情などを審査する常設の委員会である。議員は議会広報広聴常任委員会を除く常任委員会のうち少なくとも1つの委員会に所属する。

委員会名 定数 所轄事項[2] 委員長
総務常任委員会 9人
  • 総合計画の策定に関する事項
  • 市税の賦課徴収に関する事項
  • 市民相談に関する事項
  • 広報活動に関する事項
  • 地域づくりに関する事項
  • 情報公開に関する事項
  • 消防・救急活動に関する事項
  • 地震・風水害等の防災対策に関する事項
  • 環境保全に関する事項
俵鋼太郎(新生クラブ)
厚生文教常任委員会 9人
  • 高齢者・児童・心身障がい児者などの福祉に関する事項
  • 介護保険に関する事項
  • 国民健康保険に関する事項
  • 市民の集団検診に関する事項
  • 小中学校・幼稚園の運営に関する事項
  • 生涯学習・スポーツの振興に関する事項
  • 青少年の健全育成に関する事項
  • 文化振興に関する事項
  • 国際交流に関する事項
  • 文化財保護に関する事項
  • 図書館・公民館等の運営に関する事項
  • 市民病院の運営に関する事項
鈴木敦子(志民の会)
建設経済常任委員会 9人
  • 競輪に関する事項
  • 商工・農林・畜産・水産業の振興に関する事項
  • 観光事業に関する事項
  • 公設地方卸売市場の管理に関する事項
  • 都市計画の決定に関する事項
  • 都市整備や都市景観の推進に関する事項
  • 建築物等に関する指導に関する事項
  • 道路や河川の建設・補修に関する事項
  • 公園の建設・管理に関する事項
  • 上下水道管の布設・維持に関する事項
木村正彦(志民の会)
議会広報広聴常任委員会 8人
  • 市議会だよりの編集・発行に関する事項
  • 市議会ホームページに関する事項
  • 議会報告会に関する事項
  • 広報広聴に関する事項
鈴木和宏(誠風)

特別委員会[編集]

特別委員会は特定の案件を審査するため、必要に応じて設置される。

  • 予算特別委員会(3月定例会中に設置)
  • 決算特別委員会(9月定例会中に設置)

議員報酬と諸手当[編集]

役職 報酬 政務活動費
議長 月額 58万6000円[3] 月額 6万5000円 [4]
副議長 月額 51万1000円 [5]
議員 月額 47万5000円[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]