小田急グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小田急グループ
創業者とされる人物: 利光鶴松
安藤楢六
活動: ~現在
URL: https://www.odakyu.jp/company/group/
特記事項:

小田急グループ(おだきゅうグループ)は、小田急電鉄を中心とする企業グループ。小田急電鉄傘下の神奈川中央交通東証1部)や箱根登山鉄道江ノ島電鉄小田急百貨店小田急不動産などを包括する[1]。グループ会社数100社(2017年8月1日時点)。売上高は5230億3100万円(2017年3月期)。

主なグループ会社・法人[編集]

運輸業[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

タクシー・ハイヤー[編集]

  • 小田急交通 - 都内全域、神奈川県東部
    • 小田急交通南多摩
  • 神奈中タクシーホールディングス
    • 神奈中ハイヤー - 湘南・県央・相模原、南多摩
      • 神奈中ハイヤー横浜 - 横浜
      • 二宮神奈中ハイヤー - 西湘・平塚
      • 神奈中相模タクシー - 茅ヶ崎
    • 相模中央交通- 川崎・三浦半島・西湘を除く神奈川県、南多摩
      • 湘南相中 - 藤沢
      • 厚木相中 - 厚木
      • 海老名相中 - 海老名
  • 小田急バス
    • 新立川交通 - 立川・拝島・国分寺市域並びに多摩地区
    • 川崎交通産業 - 川崎市北部・横浜市北部
  • 伊豆急東海タクシー - 熱海・沼津・中伊豆を除く伊豆全域(伊豆急行と共同経営)
  • 修善寺東海交通 - 中伊豆
  • 小田急箱根ホールディングス
    • 箱根登山ハイヤー - 小田原・湯河原・箱根町・足柄上郡・熱海・御殿場

その他交通事業[編集]

小売業[編集]

小田急商事は2018年3月時点で、小田急各駅内にある駅売店88店、コンビニエンスストア13店、スーパーマーケット26店を展開している[2][3] 。小田急電鉄と小田急商事は2018年3月8日にセブン&アイ・ホールディングスとの業務提携についての基本合意を発表しており、駅売店・コンビニエンスストアのセブン-イレブンへの転換やセブン&アイが展開するプライベートブランドをスーパーマーケットに導入するための検討などを進める計画である[3]

ホテル[編集]

外食[編集]

不動産・建設[編集]

商業・オフィスビル運営[編集]

旅行・レジャー[編集]

その他[編集]

廃止された主な事業等[編集]

  • 伸縮型のメニューとして掲載。右にある[表示]をクリックすると一覧表示される。

番組提供[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小田急グループ(2018年3月12日閲覧)
  2. ^ 「小田急売店、セブンに転換/業務提携 スーパーはPB導入」『日経MJ』2018年3月12日(コンビニ・フード面)
  3. ^ a b 当社及び当社の子会社である小田急商事株式会社と株式会社セブン&アイ・ホールディングスとの業務提携に関する基本合意のお知らせ小田急電鉄(2018年3月8日)2018年3月12日閲覧
  4. ^ 箱根登山トータルサービス(2017年12月23日閲覧)
  5. ^ 「INBOUND LEAGUE」2017年10月20日新宿にオープンUDSプレスリリース(2017年9月27日)
  6. ^ 外資系「ブティックホテル」 続々と地方へ進出

関連項目[編集]