小田急ビルサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社小田急ビルサービス
Odakyu Building Service Co, Ltd
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
151-0053
東京都渋谷区代々木2-28-12
小田急南新宿ビル
設立 1966年11月1日
法人番号 2011001005051
事業内容 建設工事、駅清掃、ビルメンテナンス、ショッピングセンター管理受託
代表者 今井 士郎(取締役社長)
資本金 8,000万円(小田急電鉄100%出資)
売上高 157億円(2016年度実績)
純利益 6億5685万4000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 143億6223万3000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 1263名(2017年3月末現在。パートタイマー504名を含む)
主要株主 小田急電鉄100%
主要子会社 株式会社コンフィット
外部リンク http://www.odakyu-bs.co.jp/
テンプレートを表示

小田急ビルサービスは、小田急電鉄小田急不動産小田急百貨店などの小田急グループ内からの受注を主とするビル管理会社である。ビルメンテナンスビルクリーニング建設工事鉄道施設清掃などを業務内容とする。

概要[編集]

小田急グループのビルやショッピングセンターの施設運営管理業務を受託しており、新宿駅西口の地下街小田急エース」、小田急線成城学園前駅駅ビル成城コルティ」などの管理をしている[2]

なお過去には、京葉線新浦安駅前の「MONA新浦安」(現在は三井不動産商業マネジメント株式会社による運営)、小田急多摩センター駅前の「多摩カリヨン館」(現在は株式会社ユニカへ譲渡[3])も運営していた。

また駅清掃におけるユニークな試みとして、2017年5月31日より、小田急電鉄新宿駅の床面清掃において、小田急ロマンスカーVSEMSE型のオリジナル自動床洗浄機を導入した。清掃作業の際は乗客へ接近を知らせるため、実際のロマンスカー同様、ミュージックホーンを鳴らす機能も搭載されている[4]

沿革[編集]

  • 1966年 「小田急ビル代行株式会社」として創立。新宿駅西口地下街「小田急エース」、新宿駅西口駐車場の管理業務を開始
  • 1967年 設備管理業、清掃管理業を開始
  • 1969年 駐車場管理業を開始
  • 1974年 施設警備業を開始
  • 1977年 建設業を開始
  • 1983年 地域冷暖房事業、受付案内業を開始
  • 1987年 商号を「株式会社小田急ビルサービス」に変更
  • 1989年 株式会社大和バリヤーサービス(現・株式会社コンフィット)を子会社化
  • 1998年 研修センターを開設
  • 2000年 技術者の技能向上、ボイラー施設管理・清掃技能向上のため、神奈川県川崎市黒川にOBS研修センターを開業
  • 2005年 食品リサイクル事業を開始
  • 2006年 鉄道警備事業を開始
  • 2007年 ISO9001認証取得(建設業)
  • 2009年 一級建築士事務所を開設
  • 2017年 新宿駅清掃にロマンスカー型自動洗浄機を導入

主な管理実績[編集]

公式サイト「事業内容>プロパティマネジメント」も参照

脚注[編集]

関連項目[編集]