小田急第一生命ビルディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小田急第一生命ビルディング
Odakyu Dai-Ichi-Life Building
Shinjuku-Daiichi-Life-Building-01.jpg
小田急第一生命ビルディング(新宿三井ビル方面から撮影。見えるのは直角三角形の長辺にあたる壁面)
施設情報
所在地 東京都新宿区西新宿2-7-1
座標 北緯35度41分35.6秒 東経139度41分35.3秒 / 北緯35.693222度 東経139.693139度 / 35.693222; 139.693139座標: 北緯35度41分35.6秒 東経139度41分35.3秒 / 北緯35.693222度 東経139.693139度 / 35.693222; 139.693139
状態 完成
着工 1978年昭和53年)5月
竣工 1980年昭和55年)8月
改装 2011年平成23年)8月
用途 店舗事務所駐車場
地上高
高さ 117.10 m
各種諸元
階数 地上26階、地下4階、塔屋2階
敷地面積 14,344.51
建築面積 12,414
延床面積 91,094.32
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造
エレベーター数 17基(東芝・日立製7基、三菱製3基)
駐車台数 423台(ハイアットリージェンシー東京と共有)
関連企業
設計 清水建設竹中工務店小田急建設・日本建設
施工 清水建設竹中工務店小田急建設・日本建設
デベロッパー 第一生命保険小田急電鉄
管理運営 小田急不動産
新宿中央公園方面より見る小田急第一生命ビル(左手前)。中央の建物はハイアットリージェンシー東京(ともにビルの裏側とも言える)。右端は東京都庁

小田急第一生命ビルディング(おだきゅうだいいちせいめいビルディング)は、東京都新宿区西新宿新宿新都心の一角にある超高層ビル

旧称は新宿第一生命ビルディングで、2010年4月に改称した。

概要[編集]

新宿副都心建設公社によって造成された街区淀橋浄水場跡地)は、順次売却され、当ビルが位置する新宿新都心7号地は、第一生命保険小田急電鉄が共同で購入した。その購入した敷地に第一生命が新宿第一生命ビルディング、小田急電鉄が小田急センチュリービル(ホテルセンチュリーハイアット、現:ハイアット リージェンシー 東京)をそれぞれ建設した[1]

当ビルは第一生命にとって、初めての高層投資用ビルとして建てられた[2]。隣接する小田急センチュリービルと形が同じで線対称で、デザインも同じツインビルである。外壁はともに煉瓦色で、直角三角形の建物となっている。また、小田急センチュリービルとの間の大屋根を持つ公開空地(スペースセブン)を設置[1]。スペースセブンではイベントが行われることがある。

2007年9月末、小田急電鉄グループが当ビルの信託受益権特別目的会社から300億円超で譲り受け[3]2010年4月に名称を小田急第一生命ビルディングに改めた。

エレベーター[編集]

乗用エレベーターが各バンクに7基ずつ合計14基あり、低層用エレベーター(15階まで)は東芝製、高層用エレベーター(26階まで)は日立製であり、駐車場用と非常用は三菱電機となっている。9階と15階に乗り継ぎ階がある。2011年度から2012年度末までに、全てのエレベーターのリニューアル工事が完了した。

  • 低層用(東芝製)
1階 - 15階
  • 高層用(日立製)
1階・2階・9階・15階 - 26階
  • 駐車場用(三菱電機製)
地下3階 - 2階

主なテナント[編集]

  • 積水化成品工業株式会社
  • 株式会社三晃空調
  • 黒沢建設株式会社
  • 一般財団法人日本国際協力センター(JICE)
  • 公益財団法人東京都道路整備保全公社
  • 公益財団法人東京都福祉保健財団
  • 公益財団法人日本心臓財団
  • 新宿税務署
  • 株式会社KDDIエボルバ
  • 株式会社TSBキャピタル
  • 株式会社コベルコマテリアル銅管
  • イマジニア株式会社
  • サンダインアジア・ジャパン株式会社
  • 日本メルセン株式会社
  • 株式会社シーシーダブル
  • 東京新卒応援ハローワーク(学生職業総合支援センター)[4] ・東京外国人雇用サービスセンター[5]
  • 株式会社オープンストリーム

など

店舗・スポット[編集]

など

アクセス方法[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『BE建築設備』1980年12月号
  2. ^ 『第一生命百年史』p.557
  3. ^ 「小田急電鉄グループ 新宿第一生命ビルを取得」『日本経済新聞』2007年10月30日
  4. ^ 東京新卒応援ハローワーク(学生職業総合支援センター)が2月に移転します!”. 東京労働局. 2012年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月18日閲覧。
  5. ^ 東京新卒応援ハローワーク・東京外国人雇用サービスセンター移転のご案内 (PDF)”. 東京労働局. 2013年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 第一生命保険相互会社編『第一生命百年史』第一生命保険、2004年。