小田桐政信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小田桐 政信(おだぎり まさのぶ、慶応2年10月5日1866年11月11日[1] - 没年不明)は、明治から昭和時代の実業家政治家

経歴・人物[編集]

青森県士族・小田桐伊三郎の長男として生まれ、1897年明治30年)家督を継ぐ[1][2][3][4][5]。青森県立弘前中学校(現・青森県立弘前高等学校)を卒業し、1895年(明治28年)青森警察署に出仕する[1]

青森製材製柾社長、青森製氷・函館運送社・青森運送合同・運送相互保証各取締役、青森薪炭監査役などを歴任し、のち推挙され青森市参事会員となる[2][3][4][5]。ほか、1941年(昭和16年)8月に青森県会議員に当選した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 帝国秘密探偵社 1943, 青森4頁.
  2. ^ a b 人事興信所 1937, お38頁.
  3. ^ a b 人事興信所 1939, お29頁.
  4. ^ a b 人事興信所 1941, お32頁.
  5. ^ a b 人事興信所 1943, お31頁.

参考文献[編集]