小畑進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小畑 進(おばた すすむ、1928年11月9日 - 2009年11月26日)は、日本牧師神学校教師。関西聖書神学校講師。元東京基督神学校教授、元東京基督教大学講師。

経歴[編集]

  • 早稲田大学大学院文学研究科卒業
  • 大正大学仏教学科卒業
  • 青年時代比叡山で修行し、少僧都の位を受ける前に辞めて、キリスト教に入信して献身する。
  • 1950年、東京都杉並区堀ノ内に開校された東京基督神学校に入学する。
  • 1951年、東京基督神学校が閉校されて、東京神学塾と分離して、日本基督神学校・日本聖書大学が新理事のもとに運営されることになる。
  • 1952年、第一期生として、日本基督神学校(現東京基督神学校)卒業。卒業直後から、日本基督神学校の教師になり、新訳釈義、ギリシア語を教えた。
  • 1955年、四日市教会の牧師に就任。
  • 1965年11月16日、結成された、東京基督神学校の理事会の理事に、宇田進と共に就任する。
  • 1966年4月1日、教授会議長制がとられて、小畑が議長に就任する。
  • 1967年3月31日、議長を退任して、宇田進が議長に就任する。
  • 1977年小倉台キリスト教会代理牧師就任。
  • 1995年日本基督長老教会、杉並教会元牧師を引退後、香川県で開拓伝道をし、池戸キリスト教会を開拓。

人物[編集]

著書[編集]

訳書[編集]

  • F・B・マイヤー著「きょうの祈り」
先代:
J・L・M・ヤング
東京基督神学校
議長 1965年 - 1967年
次代:
宇田進