小石川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 文京区 > 小石川

小石川(こいしかわ)は、東京都文京区町名[1]。または旧東京市小石川区の範囲を指す地域名である。

小石川(地域)[編集]

東京都文京区のおよそ西半分を範囲とし、江戸東京山手を構成している地域のひとつである。小石川は麻布赤坂四谷牛込本郷と並ぶ、東京山手の外郭をなすエリアである。概ね東京旧市内低地に比べ高台を多く占める旧区分を山手としている。そのため旧小石川区に属する小石川地域は山手にあたる。

本郷区との合併後も住居表示実施以前は「小石川○○町」と旧小石川区内大半の町が小石川を冠称していた。現在は町会、警察署や消防署、税務署等の管轄などで当時の区境や町境を継承している。

こんにゃくえんまで知られる源覚寺伝通院など所在。小石川後楽園(史跡・名勝)は後楽小石川植物園白山には(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)がある。石川啄木幸田露伴がこの地に居を構えた。

歴史[編集]

文京一帯が北条氏に支配されていた当時の文書に「小石川」の地名があった[2]

江戸時代武蔵国豊島郡小石川村は江戸の北辺に位置し、その多くは伝通院寺領であったと伝わる。小石川の名は、伝通院の前の川に小石や砂が多かったことからついたとされる[要出典]

1878年に成立した東京15区小石川区は八千代町、柳町、富坂、初音町、竹早町、久堅町等の地域を以って成立した(この区域は旧小石川村の地域と若干異なっている)。砲兵工廠を抱える小石川区は、明治中期以降の産業化によって「閑静な郊外」から「流入してきた労働者の居住地や銘酒屋街をもかかえ込む地域」へと大きく変貌した[3]

1889年の町村制施行と共に旧小石川区の一部と北豊島郡の小石川村、雑司ヶ谷村、巣鴨村高田村のそれぞれ一部が合併し、新しい東京府東京市小石川区となった。また、旧小石川区の一部と北豊島郡小石川村の一部は北豊島郡高田村(1920年以降、高田町)に、さらに旧小石川区の一部は北豊島郡巣鴨町(前述の巣鴨村とは別の町)に合併された。

1947年本郷区と合併し文京区となる。

地域[編集]

小石川(町名)[編集]

小石川
—  町丁  —
東京都立竹早高等学校
小石川の位置(東京23区内)
小石川
小石川
小石川の位置
座標: 北緯35度42分49.62秒 東経139度44分55.52秒 / 北緯35.7137833度 東経139.7487556度 / 35.7137833; 139.7487556
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Bunkyo, Tokyo.svg 文京区
地域 小石川地域
面積[4]
 - 計 0.857km2 (0.3mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[5]
 - 計 22,452人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 112-0002[6]
市外局番 03[7]
ナンバープレート 練馬

小石川地域南東部に位置する。その大半が住宅地である。現行行政地名は小石川一丁目から小石川五丁目。

地価[編集]

住宅地の地価は2017年平成29年)1月1日公示地価によれば小石川2-9-13の地点で84万7000円/m2となっている。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[5]

丁目 世帯数 人口
小石川一丁目 1,823世帯 3,539人
小石川二丁目 2,103世帯 3,872人
小石川三丁目 2,670世帯 5,503人
小石川四丁目 1,824世帯 3,706人
小石川五丁目 3,065世帯 5,832人
11,485世帯 22,452人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8][9]

丁目 番地 小学校 中学校
小石川一丁目 25番4号(一部)
25番5〜9号
文京区立柳町小学校 文京区立茗台中学校
9〜24番
25番1〜3号
25番4号(一部)
25番10〜15号
26〜28番
文京区立第三中学校
その他 文京区立礫川小学校
小石川二丁目 1〜17番
18番1〜2号
18番24号
19〜22番
その他 文京区立柳町小学校
小石川三丁目 23番4〜7号
24番3〜15号
30番6号
31番4〜6号
33〜39番
文京区立茗台中学校
26番1〜2号、14〜24号
27〜29番
30番2〜3号、9〜13号
31番1〜3号、7〜12号
文京区立第三中学校
1〜5番
6番1〜6号
7番
8番10号(一部)
8番11〜17号
9〜22番
23番1〜3号、8〜9号
24番1〜2号、16〜17号
25番
26番3号、8〜13号
32番
文京区立礫川小学校
6番7〜15号 文京区立金富小学校 文京区立茗台中学校
その他 文京区立礫川小学校
小石川四丁目 1〜6番 文京区立金富小学校
7〜14番
15番9〜16号
16番21〜24号
文京区立柳町小学校
15番6〜8号、17号
16番11号、13〜14号
文京区立窪町小学校 文京区立第一中学校
その他 文京区立茗台中学校
小石川五丁目 10番1〜3号、17〜20号
10番4号(一部)
40番16〜17号
40番18号(一部)
41番1〜3号、11〜15号
その他 文京区立第一中学校

施設[編集]

行政[編集]

教育[編集]

企業[編集]

観光[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

画像[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店1991年再版、P989
  2. ^ 文京区の歴史 文京区
  3. ^ 木俣知史『〈イメージ〉の近代日本文学誌』 (双文社出版、1988、112頁)
  4. ^ 文京の統計 - 第49回文京の統計(平成28年)”. 文京区 (2017年1月1日). 2018年1月5日閲覧。
  5. ^ a b 文京区人口統計資料 - 町丁別世帯・人口(住民基本台帳)(毎月1日現在)”. 文京区 (2017年12月7日). 2018年1月5日閲覧。
  6. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月5日閲覧。
  7. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月5日閲覧。
  8. ^ 小学校 通学区域”. 文京区 (2014年11月5日). 2018年1月5日閲覧。
  9. ^ 中学校 通学区域”. 文京区 (2013年11月18日). 2018年1月5日閲覧。