小禄御殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
小禄御殿
No image available.svg
八つ雪輪に変わり折り入角に左三つ巴
本姓 向氏第二尚氏
家祖 浦添王子朝満
種別 琉球王族
士族(廃藩置県後)
出身地 琉球王国首里
主な根拠地 琉球王国浦添、首里
著名な人物 浦添王子朝満尚寧王
支流、分家 羽地御殿、向氏森山殿内、向氏大宜見殿内、向氏内間殿内、向氏宜湾殿内、向氏真壁殿内
凡例 / Category:日本の氏族

小禄御殿(おろくうどぅん)は、尚真王の長男・尚維衡、浦添王子朝満を元祖とする琉球王族第二尚氏の分家。琉球王国末期に小禄間切(現・那覇市小禄)の按司地頭を務めた琉球王国の大名

1世朝満は王世子であったが、異母の讒言により廃嫡された。本来は第二尚氏の嫡流であるが、分家の地位を余儀なくされた悲劇の家柄である。しかし、その後小禄御殿とその門中からは、国王(尚寧王)1人、摂政4人、三司官14人を輩出するなどして、琉球屈指の名門として活躍した。

系譜[編集]

  • 1世・尚維衡浦添王子朝満
  • 2世・尚弘業浦添王子朝喬
  • 3世・尚懿王(与那城王子朝賢)
  • (4世)・尚寧王(朝賢長男)
  • 4世・尚宏・大具志頭王子朝盛(朝賢次男)
  • 5世・尚林・具志頭王子朝誠
  • 6世・向擇善・具志頭按司朝智
  • 7世・向世勳・具志頭按司朝弥
  • 8世・向天爵・具志頭按司朝騎
  • 9世・向廷極・具志頭按司朝良(朝騎長男)
  • 9世・向廷尉・具志頭按司朝憲(朝騎四男)
  • 10世・向光・具志頭按司朝經(朝良長男)
  • 10世・尚容・宜野湾王子朝祥尚穆王四男。朝憲の養子となる)
  • 11世・向世昌・小禄按司朝恒(美里御殿一世・美里王子朝規の長男。朝祥の養子となる)
  • 12世・向承芳・小禄按司朝睦(一門の譜久山里之子親雲上朝顯の長男。朝恒の養子となる)
  • 13世・向鴻章・小禄朝亮

参考文献[編集]

  • 沖縄県氏姓家系大辞典 編纂委員会 『沖縄県氏姓家系大辞典』 角川書店、1992年(平成4年)。ISBN 978-4040024707。
  • 宮里朝光(監修)、那覇出版社(編集) 『沖縄門中大事典』 那覇出版社、1998年(平成10年)。ISBN 978-4890951017。
  • 比嘉朝進 『士族門中家譜』 球陽出版、2005年(平成17年)。ISBN 978-4990245702。

関連項目[編集]